最新!医薬品ランキング

★男性向け人気商品★
★女性向け人気商品★

サイズプロウルトラ
¥6,980
ペニス増大サプリ

バイアグラ
¥6,980
ED治療薬

ゼニカル42錠
¥7,480
ダイエット

トリキュラー
¥1,580
避妊薬ピル

シアリス20mg
¥8,480
ED治療薬

プロペシア
¥7,400
育毛増毛

ファーミア・スリム
¥4,950
ダイエット

ブレストサクセス錠
¥5,980
バストアップ

初心者向けオススメセット


ED治療薬
¥16,980
ED治療薬お試しセット

早漏防止薬
¥6,980
早漏対策3種類セット

育毛増毛
¥18,980
AGA治療3ヶ月セット

ダイエット
¥10,480
オルリガル&
マルチビタミン

禁煙治療薬
¥14,980
チャンピックス
(禁煙フルセット)

肌スキンケア
¥7,400
シミそばかす解消
効き比べフルセット

ニキビ治療薬
¥4,480
ニキビ治療基礎セット

性病・性感染症治療薬
¥4,480
クラミジア検査キット
と治療薬セット

医薬品の個人輸入代行とは

インターネットが広く浸透してきましたが、まだまだ世界のサービスを手につけることができていなかった日本はインターネットの利用は国内だけにとどまっていることが多かったのですが、ここ最近は世界中の商品やサービスを利用すること出来るようになりました。

その中でも一つ注目されているのが効果が高く評判になっている海外の医薬品を気軽にショッピングを楽しむように購入することができるようになった薬の個人輸入代行です。

薬を個人で購入とかってできるものなの?って思う人も多いでしょう。病院やドラッグストアや薬局でしか購入することが出来ないと思っている人も多いですよね。

ましてや海外の医薬品ともなれば個人で扱うのは法律違反になるのではないか?って思っている人もいるかもしれませんが、個人で購入して自分で使う範囲なら輸入が許可されていますので何の問題にもならないのです。

しかし、個人で購入ともなれば海外との信頼できる業者を見つけたりするのが面倒だったり、手続きなども法律を守って行わなければいけません。

薬というのはかなり手続きなどにも時間がかかってしまうものでもあります。そんな面倒な手続きなどを一手に担ってくれて気軽に購入をすることが出来るのが個人輸入代行業者なんです。

ただし、衣料品の個人輸入代行業者と一言で表しても色々な業者が居るのでどれを利用して言い居の皮からないという人もいるでしょう。

また利用するに当たって何に気をつければいいのか?どんな商品を購入をしていいのかも分からないと言う人のために安心安全に利用することが出来るようにするための対処方法を紹介していきたいと思います。

海外の医薬品について

日本の医療は世界でも有数の医薬品が使われていると思っている人も多いですが、実は先進国の中でも日本の医薬品と言うのはかなり遅れてしまっているのが背景としてあります。

というのは日本では保険制度が世界中を見てもかなり充実しており、日本ではみんなが病院で安価な医薬品を購入することが出来ます。

しかし、気軽に購入できる分、国がその分を負担をしているわけですから、どんどん保険料は増大をしており、国の財政を圧迫しています。

特に今では生活保護を受けている人が増大をしていますし、その生活保護を受けている人の医療費が無料であり無料で購入できてしまうため問題視されています。

2016年から問題が世間一般的にも問題視されており、生活保護を受けている人でも何割か負担をするという流れになってきていますが、2017年となった今でも生活保護は無料で医療を受けられて薬も簡単に手に入るようになっています。

どんどん国の負担が増えていっている状況の中でさらに新しい薬が出来れば出来るほど国が負担をする医療費が増えるので日本では新薬が出来ずに停滞をしているのが現状です。

さらに言えば海外ではもう実際に人に投与されている薬でも日本人に合った薬なのかを検証しなおさなくてはいけないと言うこともあり、新薬が市販の薬となって出回るのにもかなり時間がかかります。

日本の医療の新薬は10年から20年遅れているのが現状です。

10年から20年といったら携帯でいったらガラケーが普及し始めて携帯で写真が残せるぐらいしか機能が無かった時代です。

世界ではスマホが普及しているのに日本では写メつき携帯しか使えない現状だということを日本の人たちは知らないのです。

つまり海外では優れた新薬がどんどん誕生していたとしても日本では新薬の流通が遅れてしまっている状況です。

現にドイツやシンガポールの医療はかなりの進化をしています。

それでも日本では未認証という扱いになり保険適用外という扱いになってしまっていますので病院を通すとかなりの高額な医療となってしまっています。

しかし、医薬品の個人輸入代行サイトを利用することで安価で簡単に手に入れることが出来るのです。

医薬品個人輸入代行の安全面について

海外の医薬品というのはあまり日本では馴染みがないという人のほうが多いですよね。日本の医薬品は確かに一つ一つの承認が遅いですが、その分高い品質を保持しているので安心感と言うのがありますよね。

日本の医薬品に関してのクオリティと言う部分は先進国にも負けていないことでしょう。

海外の医薬品を利用する際には気をつけなくてはいけないことも当然あります。

厚生労働省でも注意喚起がされているので不安な方は目を通しておいたほうがいいと思います。

どんな点に注意しなくてはいけないのかという点を紹介していきます。

まず最初にあげられるのが品質の部分です。日本国内で正規に流通している医薬品に関しては有効性及びアン税制の確認がされていますが、個人輸入されているものに関しては日本未認可のものだったり、日本でも販売されているものも安価に仕入れることが出来ますが、保証されていないということを頭に入れておきましょう。

模造品だったり、不衛生な場所で製造されていることもあると言う点です。特に正規メーカー製品の偽者が非常に多く出回っていてインターネットで手に入るED(勃起不全)治療薬の半分以上が偽造品であったという調査結果も出ているほどです。

次に挙げられるのが健康被害を巻き起こす可能性があると言うことです。安易に手に入れることができると言うことで過剰摂取をしてしまうことも考えられます。

用法・用量を守らないで服用してしまう危険性もあります。

また日本では承認されている範囲内でしか効果を表示することが出来ませんが、海外医療薬の場合は誇大広告、または虚偽広告を謳っているところもあります。

海外サイトを利用する上できちんとした会社なのかどうかを確認して、きちんと正しく使うことを心がけてください。

医薬品個人輸入代行を使う際の注意点

医薬品の個人輸入というのはあくまでも自分自身で使用する場合のみ認められるというルールがあります。自分だけが使う分には問題ありません。

※それでも税関の確認は必要となります。

そしてこの商品を他の人に売ってしまった場合は違法となります。あくまでも自分で使う範囲で購入するだけにとどめてください。

さらに個人輸入の自己使用であっても輸入が禁止される場合があります。健康被害の出るおそれがある製品が、厚生労働省によって発表されて一覧化されています。

その製品一覧に関しては数量に関係なく医師などの処方箋がないと輸入できません。その製品一覧は下記リンクをご覧になってください。

健康被害の出る恐れがある製品一覧はこちら

また日本で禁止されている指定薬物(危険ドラッグ)の輸入も当然禁止です。

最後に海外医薬品の輸入製品を使用する場合は代行業者から買う場合でも何かあった時は自己責任となります。非常に便利だからこそ頼れる大手医薬品輸入代行業者を選ぶことが何よりも大切なことです。