アイピルi-pillアフターピル




アイピルは妊娠の緊急避妊として、世界中で最も知られている緊急避妊薬です。フランスで開発され日本ではあすか製薬より発売されている「ノルレボ」のジェネリック医薬品です。

日本では販売されていませんので個人輸入でお買い求め頂く際には日本国内発想ではないので手元に届くまでに7日間から14日前後かかります。

緊急用として服用するのであれば事前に手元にお買い求めておくのおすすめしておきます。

アイピル(I-Pill)(アフターピル)の効果効能
アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルは、黄体ホルモンの一種で構成されていてこの黄体ホルモンは、受精を阻害する作用や受精卵の着床を阻害する作用があります。

さらに一定の量を服用することでホルモン値が変化をして万が一受精したとしても受精卵が着床できない状態を作ります。

強引に生理現象を起して受精卵かどうかは関係なく出血と共に外に流しだすことで妊娠を防ぎます。

性行為後のアイピル服用が早いほど成功率は高くなります。最大120時間以内であれば一定の妊娠を避ける成功率が高まります。

アイピルはあくまでも不測の事態の避妊失敗時に服用するものですので通常以上のホルモンを摂取することになるので身体の負担はありますので通常の避妊薬としては服用は控えましょう。

アイピル(I-Pill)(アフターピル)の主成分・有効成分
レボノルゲストレル(levonorgestrel)

アイピル(I-Pill)(アフターピル)とは
アイピルは緊急時の避妊方法として、世界中で使用されているモーニングアフタータイプの避妊薬です。

モーニングアフターピルには、アイピルのように性行為72時間以内の服用が1回のみでいいので12時間後に再度服用するタイプがあるものと比べて飲み忘れをする必要がないので人気があります。

しかし、あくまでも緊急用のアフターピルとしてご使用ください。

アイピル(I-Pill)(アフターピル)の使用方法
まずは性行為後なるべく早く72時間以内に1錠を服用します。アイピルを服用する場合は、吐き気などの副作用が現れる場合があります。

その後1時間後にアイピルを1錠服用してください。また、もし服用してから1時間以内に吐いてしまった場合は、再度服用するようにします。一般的には3日~1週間の間(遅くても3週間以内)に生理または消退出血があると、妊娠は回避したと考えられますが、次の生理予定日を1週間過ぎても生理が来ない場合は、妊娠した可能性も考えられます。その場合は、速やかに妊娠検査を受けるようにしてください。


購入ボタン