ロエッテ





ロエッテは意図しない妊娠を防ぐ事を目的とした経口避妊薬です。

従来のピルよりも比較的副作用が少ないことが特徴で性行為時にコンドームが破れてしまったり、正しく装着されていなかった場合において避妊していない性行為をしてしまった場合の緊張避妊薬として使用されています。

緊急避妊薬として使用する場合は、性交渉後の服用が早ければ早いほど妊娠回避率が高くなりますのですぐに服用しておきましょう。

ロエッテを手元においておけば病院にいく手間も並ぶ時間もなくすぐに服用することが出来るのが持っておきましょう。

ただし、個人輸入の場合国内発想ではないため届くまでに一週間以上かかりますので早めに手元においておくことをお勧めします。

ロエッテの効果効能
ロエッテの有効成分である卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと黄体ホルモンのレボノルゲストレルが脳下垂体に作用して排卵を抑えてくれるだけでなく、子宮内膜変化により着床を抑えることで頸管粘膜変化により精子通過を阻害して避妊効果を発揮します。

避妊具が破れてしまったなどの妊娠の危険を伴う性行為をしてしまった後の24時間以内の服用で95%、72時間以内の服用で75%の避妊効果が危害で来ます。

たとえ72時間過ぎてしまったとしても最大120時間までは一定の効果があるといわれています。

ロエッテの主成分・有効成分
エチニルエストラジオール(Ethinylestradiol)/レボノルゲストレル(levonorgestrel)

ロエッテとは
ロエッテは副作用が少ないと言われている超低容量ピルで性交渉の24時間以内で95%、72時間で75%、最大120時間までは一定の効果がある緊急用の避妊薬です。

性交渉後なるべく早くに服用することでより高い効果が得られるとされていますので、危険な性行為をしてしまった場合のためにピルを常用されていない方の緊急用の常備薬としてもお勧めです。

ロエッテの使用方法
緊急時の避妊を目的とする場合は性交渉の72時間以内に1錠、さらにその12時間後に1錠を服用してください。

2. 通常時の避妊を目的とする場合は月経第1日目にシートに表示されている曜日と一致する錠剤を1錠服用しましょう。そのシートにしたがって同じ時間に1日1錠ずつなくなるまで21日間服用してその後7日間休みましょう。

継続する場合はまた8日目からスタートをしていきます。


購入ボタン