アンウォンテッド72Unwanted72アフターピル



フランスで開発され日本ではあすか製薬より発売されている緊急避妊「ノルレボ」のジェネリック医薬品がアンウォンテッド72(Unwanted72)です。

アンウォンテッド72(Unwanted72)は日本の薬局やドラッグストアでは販売されていない薬です。個人での使用に限り個人輸入が法律で認められていますので、医師の診察や処方箋がなくても購入する事が可能です。

※国内発送ではありません。海外からの発送となりますので、お届けまで7日~14日前後かかります。緊急時に急いで注文されてもご希望の日までの到着出来ないので手元においておいてもいいでしょう。ジェネリック薬品のため安価で購入できます。

アンウォンテッド72(Unwanted72・アフターピル)の効果効能
性交渉時に避妊を忘れたり失敗した際に利用されている緊急避妊薬としてフランスで開発されたのがアンウォンテッド72(Unwanted72)です。

有効成分としてレボノルゲストレルが男女の性交渉の際に女性の体内で射精された精子と卵子が受精することを阻害することが期待できるとともに、仮に受精したとしても子宮内で着床させないことで妊娠を避けることが出来ます。

避妊確率は81%~84%ほどと言われているので絶対に避妊ができるというわけではないので気をつけましょう。

アンウォンテッド72(Unwanted72・アフターピル)の主成分・有効成分
レボノルゲストレル(levonorgestrel)

アンウォンテッド72(Unwanted72・アフターピル)とは
アンウォンテッド72(Unwanted72)とは避妊に失敗した時や、避妊ができなかった時、無理やり性行為の被害に遭ってしまったというときに使われる緊急避妊薬です。

通称「モーニングアフターピル」と呼ばれるものです。

このアンウォンテッド72(Unwanted72)錠は日本で初めて承認されたモーニングアフターピルであるノルレボのジェネリック医薬品ですので通常よりも安価で購入することが出来ます。

もちろん同成分が入っているので効果は同じです。

これまでの避妊薬プラノバールを使った緊急避妊方法よりも副作用の吐き気や嘔吐、頭痛などが少なく、避妊成功率も高いです。性交してから72時間以内に1錠飲むことで、約8割の人が妊娠を防ぐことが出来ます。

また万が一妊娠したとしてアンウォンテッド72(Unwanted72)を服用していたとしても胎児への影響はありません。なお、レボノゲストレル錠を病院で購入する場合には医師の診察のもと処方箋が必要です。診察および処方に伴う費用には健康保険が適用されないため、自費負担となります。

アンウォンテッド72(Unwanted72・アフターピル)の使用方法
使用前に医師の指導に必ず従ってください。または自己責任に基づいて使用して下さい。
使用方法としては、性行為後の72時間以内に1錠を服用します。アンウォンテッド72(Unwanted72)を服用する場合は、吐き気などの副作用が現れる場合があります。

副作用が怖いのであれば吐き気止めの薬を服用したりしましょう。また服用後1時間後にアンウォンテッド72(Unwanted72)を1錠服用してください。

この時に服用してから1時間以内に吐いてしまったら再度服用するようにしましょう。一般的に3日~1週間の間遅くでも3週間以内に生理があると妊娠を回避したと考えられます。

しかし、次の生理予定日を1週間過ぎても生理が来ない場合は妊娠した可能性がありますのでその際はすぐに妊娠検査をするようにしましょう。


購入ボタン