ジスロマック




ジスロマックは、クラミジアなどの細菌による感染症、子宮頸管炎や尿道炎など多くの細菌感染症に対して効果を発揮する医薬品です。

これらの症状は、グラム球菌や真菌ウイルスなどの病原微生物が原因となり、この商品が有効なものは細菌のみです。

細菌はそれぞれタンパク質合成を行うことにより増えていくため、その働きを抑えることで殺菌する作用を持ちます。

耳鼻咽頭科、耳鼻科、皮膚科、呼吸器科など幅広い診療科目で処方される成分ということで高い安全性と効果が期待できるので、常備薬の一つにも重宝されている商品です。

ジスロマックの効果効能
真菌(カビ)や性病のクラミジア、マイコプラズマなどの細菌が増殖していく働きを抑えることで殺菌する効果を持っています。
その他にもリンパ管や咽頭、扁桃腺や尿道など様々な箇所の感染症を抑える働きをもっており、多くの診療科目で使用される成分で多くの病院などで処方されています。

効果の持続時間が長いので一度の服用で十分な効果を期待することができてさらに他の抗生物質よりも高い効果が得られるのです。

ただし、インフルエンザウイルスを含め一般的な風邪のウイルスに対しての殺菌効果は無力ですので気をつけましょう。

ジスロマックの主成分・有効成分
アジスロマイシン(Azithromycin)

ジスロマックとは

ジストロマックとは、マクロライドの系統に属する抗生物質であり、グラム陽性菌・真菌ウイルスなどに高い殺菌作用を持ち、さらに淋病に対しても効果があること昨今分かり、適応範囲に含まれるようになりました。

比較的アレルギー反応が起こりづらいということで処方される機会の多い医薬品です。

ジスロマックの使用方法

ジスロマック500mgの使用については通常、成人の場合では1日1回1錠を服用し、尿道炎・子宮頚炎の治療には1日1回1,000mgを服用します。

小児においては1日1回10mgから使用しますが、体重や症状に合わせて服用する用量が増減しますので医師に相談をしましょう。

後天性免疫不全症候群(エイズ)による合併の感染症を治療する際には1日1回600mg~1,000mgで使用してください。


購入ボタン