ゾビラックス



ゾビラックスは帯状疱疹ウイルスや、ヘルペスウイルスの増殖やDNA伸長を抑制する医薬品であり、単純ヘルペスの口唇ヘルペス、角膜ヘルペス、カポジ水痘様発疹症の症状に対して効果を発揮し、帯状疱疹や単純疱疹などの治療や骨髄移植の際に起こる疱疹を抑え、小児性器ヘルペスなどの再発防止にも用いられます。

ゾビラックスの効果効能
完全にウイルスを撃退することは難しいとされるヘルペスウイルスですが、初期の段階であれば早く治癒することが可能ですのでなるべく症状が出た段階で服用するようにしましょう。

ゾビラックスの主成分・有効成分
アシクロビル(Aciclovir)

ゾビラックスとは
ゾビラックスとは、単純ヘルペスや帯状疱疹ウイルスによるウイルスの増殖作用を抑えて症状を緩和させる働きを持った医薬品です。ヘルペスウイルスの増殖などは感染初期の段階での治療が一番効果的ですから当薬剤も同様に感染初期に用いることが有効とされています。

ゾビラックスの使用方法
単純疱疹の治療では、1回につき200mg(ピルカッターなどで分割すると便利です)を1日に5回服用します。

帯状疱疹の場合、1回につき800mg(当薬剤では1錠)を1日に5回服用します。

また、年齢によって服用する量に差がありますので、詳しくは医師に相談するようにしてください。


購入ボタン