ジネット35(ダイアン35ジェネリック)




ジネット35は、アジア人向けに製造された低用量避妊ピルの「ダイアン35」のジェネリック医薬品です。

体系の小さな人に対しての負担を軽減させるピルのジェネリック医薬品です。

アジアを始め世界中で使用されており、安心してお使い頂ける避妊薬の1つであり、ダイアン35よりも安く利用できるのがいいですよね。

日本では発売されていないので個人輸入でのみ入手可能です。

ジネット35(ダイアン35ジェネリック)の効果効能
ジネット35はシプロテロンとエチニルエストラジオールの2つの有効成分が入っており、安全で確実な避妊をもたらす低容量避妊ピルです。

シプロテロン(黄体ホルモン)は男性ホルモンであるアンドロゲンの働きを抑制する作用があり、エチニルエストラジオールは女性ホルモンの一種となっています。

二つの有効成分の効果により服用中は排卵がこなくなり妊娠している状態を擬似的に作り出して妊娠させないようにします。

またホルモンバランスを整える事で、生理時の経血量の減少や生理痛などの症状を緩和させる効果も報告されています。ジネット35は一相性ピルですので1周期(21日間)服用する錠剤のホルモン(成分量)含有量が一定です。

その為、薬の取り違えや飲み間違いも少なく服用方法は比較的簡単です。

ジネット35(ダイアン35ジェネリック)の主成分・有効成分
シプロテロン(cyproterone)/エチニルエストラジオール(Ethinyl estradiol)

ジネット35(ダイアン35ジェネリック)とは
ジネット35は、低用量ピルとして有名なダイアン35と同じ成分を含むジェネリック医薬品です。安く使用することが出来ながら強力な避妊効果が得られつつアジア人ように作られているので副作用も軽減されます。

緊急避妊用にも使用する事ができるので、性行為後6時間以内にジネット35を服用すれば妊娠の可能性を大幅に低減する効果もあります。

そして近年ジネット35の特殊な副作用として注目を集めているのが「ニキビ」「脂漏症」「多毛症(ムダ毛)」「男性型脱毛」などの改善、そして更年期障害の軽減やバストアップといったアンチエイジング効果です。

継続利用することで若々しさを取り戻すことも期待できるのがダイアン35ですが、長期的な服用となると金銭的余裕もあまりないですよね。

それを解消させてくれたのがダイアン35のジェネリック医薬品のジネット35です。

ジネット35(ダイアン35ジェネリック)の使用方法
ジネット35の服用を開始は、生理周期を待ち周期の初日から飲み始めてください。この場合は、避妊効果は即日から始まります。

但し生理開始後5日以内ならその際の避妊効果は7日間以降から得られます。1日に1錠を21日間、毎日欠かさず服用してください。

毎日同じ時間に飲むように心がけて、もし忘れたとしても12時間以内に気がついた場合はすぐに服用すれば問題ですし、その後の服用も決まった時間に飲んで問題ありません。

もし12時間以上過ぎてしまった場合は避妊効果が低下している可能性があるので性行為の際にはコンドームのような他の避妊措置をお取りください。

21日間続けて服用して7日間休養すれば、この休養期間内に生理が来ます。継続する場合は、再度同じペースで服用してください。

もし生理日を変えたい場合もコントロールすることが出来ます。21日を超えて服用を続け7日間の服用をやめる期間を調整することで生理周期を延長する事ができます。


購入ボタン