トリキュラー




トリキュラーはアンジュ・トライディオール・リビアンと並んで日本でも非常に有名な「第2世代3相性」の避妊用ピルの1つの低用量ピルです。

トリキュラーは避妊効果が絶大に得られるのにも関わらず、副作用がかなり軽減されていますので、今まで副作用に苦しんでいた方でも服用しやすいピルです。

トリキュラーの効果効能
トリキュラーは、自然なホルモン分泌パターンに似せて薬の含有量を限界まで低く抑えた低用量ピルです。

卵胞ホルモンのエチニルエストラジオール、そして黄体ホルモンのレボノルゲストレルを有効成分が含まれています。

この2つのホルモンを補充する事により、性腺刺激ホルモンの分泌が抑制される事で排卵が大きくならずに排卵されなくなります。

また万が一にも排卵・受精したとしても受精卵が着床しにくい状態に保つ効果もあります。更には子宮入り口付近の頚管粘液の粘度を高めて精子の侵入を防ぎます。

そしてトリキュラーにおける最大のメリットは、サイクルコントロールに優れている点です。レボノルゲストレルの作用で子宮内膜は安定する為、副作用として最も頻度の高い不正出血もその頻度が非常に少なくなっています。また出血が起こるべき休薬期間内に確実に生理のような性器出血が起こるので、「生理がなかった」という大きな不安から解放されます。

こういった理由からトリキュラーが多くの女性から支持されているのが分かります。

トリキュラーの主成分・有効成分
エチニルエストラジオール(Ethinyl estradiol)/レボノルゲストレル(levonorgestrel)

トリキュラーとは
低容量ピルが数多く流通している中で、高い人気を誇るのがトリキュラーです。

低コストで購入することが出来るので多くの産婦人科でも処方されていると言う安心感があります。

昨年では不妊治療の一環として、排卵日をしっかりとしたサイクルを整える目的で服用される方も増えています。

トリキュラーは他のピルのように偽薬を服用する必要がない21錠タイプなので、無駄な薬を飲みたくないという方にも高い支持を得ています。

他のピルに比べて副作用がかなり軽減されている事でも有名ですからピルを飲むと副作用が怖いと言う人や過去に他のピルを飲んだら副作用が多かったから抵抗があると言う人にもお勧めです。

トリキュラーの使用方法

初めてトリキュラーを服用する際には生理の1日目から開始してください。最初の1週間はコンドームの避妊法と併用しましょう。

確実な否認効果が表れるようには1週間後からとなっています。1日1錠を毎日決まった時刻に服用して21日連続して服用して7日間休養します。

この28日間を1クールとして、出血の有無に関わらず29日目から次のクールの錠剤を服用してください。

たとえ飲み忘れが1日あっても気がついた時点でその日分の1錠を直ちに服用すれば問題ありません。

さらにその日分の錠剤も通常通りに服用してください。

ただし、2日以上忘れてしまったら一旦中止をして、次の生理を待ってそこから開始しましょう。

次の生理を待っている間はコンドームなどの避妊具を使用して下さい。トリキュラーの飲み始めには、不正出血や吐き気といった副作用が見られます。

徐々になくなっていきますので心配する必要はありません。但し副作用が長く続くような場合は直ちやめて医師など専門家にご相談するようにしてください。


購入ボタン