ヤミニ



ヤミニは、ヤスミンのジェネリック医薬品です。ピルは女性主体でほぼ100%の避妊が可能な唯一の薬です。

色々な長所(月経時における出血量の減少、卵巣ガンのリスク減少、骨盤内感染症の予防など)もありますがこれまでのピルでは副作用で吐き気や体のむくみによる体重増加などがありましたが、ヤスミン同様むくみを抑制する作用があります。

ヤスミンは未だ高価格で販売されていますが、ヤミニはジェネリック品ですので低価格で購入できます。

ヤミニ(ヤスミンジェネリック)の効果効能
第3世代までのピルは、服用を始めて継続していくうちに体重が増加していくという副作用がありました。

これはエストロゲンを摂取する事で、水分や脂肪を身体に貯め込みやすくしてしまう為でした。

ピルを飲むと太ると言われている理由はこのためでした。

しかし、第4世代では利尿作用がありますので体内の水分を排出する役割がありますのでむくみが軽減されます。

またヤミニには大人にきびの原因となる黄体ホルモンの働きを抑制する役割がありますのでニキビ予防にも一定の効果が得られるのです。

さらに血斑や不正出血の発生率が低く生理周期のコントロールに非常に優れているだけではなくて卵巣ガンなどいった女性特有の病気のリスクを低減させる効果が得られる避妊薬です。

ヤミニ(ヤスミンジェネリック)の主成分・有効成分
ドロスピレノン(drospirenone)

ヤミニ(ヤスミンジェネリック)とは
第4世代のピルであるヤスミンのジェネリック医薬品です。ヤスミンは最先端治療として知られるのアメリカやドイツで絶大な支持を得ています。

ジェネリック薬品として購入できるので長期的に服用しようと思っている方にとって金銭的負担もかなり軽減できます。

ヤミニ(ヤスミンジェネリック)の使用方法
初めてヤミニを服用する場合は、生理初日から飲み始めるのが基本です。この場合、避妊効果はその日から始まります。但し生理開始後5日以内なら、服用を開始する事ができ、避妊効果はおよそ2週間後から始まります。

1日1錠を21日間、毎日服用し、毎日できるだけ一定の時刻に服用するように心がけましょう。

服用の間隔が36時間(1日半)以上空いてしまった場合は、避妊効果が無くなるので性行為の際はコンドームなどの他の避妊具を用意しましょう。

21日間続けて服用したあと7日間服用しなければ、この期間に生理が来ます。

ヤミニを使えば生理を意図してコントロールすることが出来ます。


購入ボタン