イタスポール(イトリゾールジェネリック)



真菌の増殖を抑制し、殺菌・死滅させる効果を持つイトラコナゾールを主成分とする医薬品であり、2006年に設立し、インドに本社を置く製薬会社Intasで製造されているイトリゾールのジェネリック医薬品です。

主に、水虫やカンジダ、アスペルギルスなどの真菌症に対して有効性があり、塗り薬だけでは改善が難しいとされる爪水虫や表在性皮膚真菌症に対して処方されることが一般的となっています。

抗真菌薬の中でも本剤はアゾール系抗真菌薬に属しており、副作用が少ないという特徴を持っています。

先発医薬品のイトリゾールと同等の成分が入っていて同じ効果が期待できる上でジェネリック医薬品ということもあり、安価で購入できます。また個人輸入であれば病院などに行かなくても利用できるので時間も手間もかかりません。

ただし、届くまでに7日から14日間かかりますのでお手元に届くには時間がかかってしまうということだけは頭に入れておきましょう。

イタスポール(イトリゾールジェネリック)の効果効能
白癬菌(はくせんきん)や水虫などの真菌症に対して本剤を用いることで、肺、消化管、膀胱などの真菌が異常増殖することを防ぎ、殺菌するという効果を持っています。

特に爪水虫や表在性皮膚真菌症に対しての有効性が高いことが示されており、多くの病院でも処方されているイトリゾールのジェネリック医薬品がイタスポールです。

イタスポール(イトリゾールジェネリック)の主成分・有効成分
イトラコナゾール(Itraconazole)

イタスポール(イトリゾールジェネリック)とは
イタスポール(イトリゾールジェネリック)とは、様々な真菌症に対して処方されるイトラコナゾールが主成分のイトリゾールのジェネリック医薬品ですから経済的負担も軽減されるので継続使用される人にお勧めできます。

イタスポール(イトリゾールジェネリック)の使用方法
通常どおりの使用方法としては成人で1日1回の服用となります。服用する量は、症状や年齢に応じて増減しますが、100~200mgを食後に経口服用となります。
ただ、注射剤などから本剤へ切り替える場合において1回200mgから最大で400mgまで増量する場合がありますので該当する方においては、担当医と相談の上で服用する量や期間をご相談ください。

ご使用する際は医師の指示か自己責任で正しくご使用ください。


購入ボタン