スポラノックス



日本の病院でも処方されるイトラコナゾールを主成分とする医薬品で水虫などの真菌感染症に対して効果的に発揮します。

真菌とはカビの一種で、水虫は最も身近に起こる真菌症と言われていて他にもカンジダ、アスペルギルス、クリプトコックスなどが真菌による感染症とされています。

スポラノックスは、これらの真菌感染症に対して用いられる医薬品であり、塗り薬などでは治りづらい爪の水虫や表在性皮膚真菌症に対して使用される飲み薬となっております。

病院に行くのがちょっと恥ずかしいという人でも医薬品個人輸入サイトを利用すれば抵抗なく利用できます。

スポラノックス(イトリゾール)の効果効能
成分のイトラコナゾールは水虫などに代表される真菌感染症において発揮される医薬品であり、細胞膜における真菌の生合成を阻止して殺菌する効果を持っています。
特に、塗り薬だけでは治りづらい爪水虫や表在性の皮膚真菌症などに効果的とされており、副作用が少ないので抵抗なく利用できます。

スポラノックス(イトリゾール)の主成分・有効成分
イトラコナゾール(Itraconazole)

スポラノックス(イトリゾール)とは
スポラノックス(イトリゾール)とは、イトラコナゾールを主成分とする抗真菌薬の一つです。
アゾール系の抗真菌薬に属し、細胞膜にてエルゴステロールという菌類が生合成を抑止することで真菌の増殖を防ぎ、殺菌するという効果を持っています。

スポラノックス(イトリゾール)の使用方法
スポラノックス(イトリゾール)の成分容量は1錠につき100mgとなっております。
通常成人は1日1回100~200mg(1~2錠)を服用します。
症状や年齢によって服用する量を増減させる必要がありますが、1日に最大で400mg(4錠)と定められています。

最初は通常どおり利用して効果を見て増減させたり医師に相談をしてみてもいいでしょう。


購入ボタン