ラミシールクリーム1%




ラミシールクリーム1%は有効成分・テルビナフィン塩酸塩を含有した外皮用抗真菌薬です。

主に白癬(水虫)などの治療に使用されている他、皮膚カンジダ症や癜風などにも効果を発揮します。

真菌(カビ)の活動に不可欠な酵素を阻害することで、増殖を抑えて殺菌することにより症状を改善します。

幹部に直接塗ることで即効性があるほかサラッとしているため、不快感も少ないのが特徴です。

ラミシールクリーム1%の効果効能
ラミシールクリーム1%は有効成分「テルビナフィン塩酸塩」の優れた殺真菌作用と角質層への浸透力により水虫菌を死滅させることが期待できます。

水虫は皮膚の中に根を張っている為、水虫の完治には長い期間をかけるものです。強いかゆみや、ジュクジュクした皮膚、皮剥けなど辛い症状に悩まされてきた方も多いと思います。

かゆみなどが収まったとしても決して使用を中止せずに継続して使用しないと知らない間に再発する可能性が高いです。

1ヶ月は継続使用するように使いましょう。

ラミシールクリーム1%の主成分・有効成分
テルビナフィン

ラミシールクリーム1%とは
ノバルティス ファーマ株式会社にて製造されたテルビナフィン塩酸塩を主成分としたアリルアミン系の抗真菌薬という種類のお薬がラミシールクリーム1%です。

水虫は長らく治らない不治の病と言われているほど長期的な治療だったり、根絶が難しいと言われていました。

ラミシールクリーム1%は有効成分「テルビナフィン塩酸塩」が真菌の潜む皮膚角質層に浸透し、長く留まるので水虫を完治させることができます。

ラミシールクリーム1%の使用方法
1日1回かゆみが気になる部分だけではなくてその周りの広範囲に擦り込むように塗布してください。 使用を続けていくと表面の白癬菌が死滅する為、かゆみは治まってきます。

勿体無いと考えて少ない量を使うよりも完治させる目的で広い範囲に使うほうが結果的に有効成分が染み渡ります。

またラミシールクリーム1%を塗るのをやめると再発する可能性がありますので症状が治まってもしばらくは継続して塗りつづけることをお勧めします。

使用中に誤って目に入った場合は刺激症状があらわれることがある為、すぐに流水でよく目をすすぎましょう。


購入ボタン