ミコゲルクリーム(フロリードDクリームジェネリック)




水虫やカンジダ症などの治療を目的として処方されるフロリードDクリームと同じミコナゾールを主成分とするジェネリック医薬品です。

このミコナゾールという成分は、手指・種子・爪などのカビ菌(カンジダ・皮膚糸状菌など)の増殖を抑え、抗菌効果を発揮して皮膚の諸症状を緩和していきます。

イミダゾール系と呼ばれる抗真菌薬に属しており、効果が高いことでも知られている成分です。

水虫などは昔は不治の病とも言われており根絶させることが難しいとされてきましたが、今の現代医療では完治させることが可能となっていますが、それも長期的な治療が必要になってきます。

ミコゲルクリームはジェネリック医薬品としてフロリードDクリームと同等の成分が入っていながら安価に購入することが出来るので長期的治療が必要な水虫に対して経済的負担も軽減されます。

ミコゲルクリーム(フロリードDクリームジェネリック)の効果効能
真菌と呼ばれるカビ菌によって生じる皮膚の症状(水虫やカンジダ症など)に対して患部で増殖しようとする真菌の働きを阻害し、殺菌をしていく効果があるのが主成分のミコナゾールです。

水虫、陰股部白癬、カンジダ症、頭部白癬、体部白癬などの様々な症状に対して有効とされる成分が入っています。

ミコゲルクリーム(フロリードDクリームジェネリック)の主成分・有効成分
ミコナゾール(Miconazole)

ミコゲルクリーム(フロリードDクリームジェネリック)とは
ミコゲルクリームとは、ミコナゾールを主成分とする抗真菌薬のフロリードDクリームのジェネリック医薬品です。

ミコゲルクリーム(フロリードDクリームジェネリック)の使用方法
通常、1日に2回~3回、細菌感染をしている患部へ直接クリームを塗布します。このときに患部だけではなくて多少広い範囲で塗ることで根付いている部分にも浸透しやすくなります。

症状によって塗布する回数が増減しますので、詳しくは医師の相談を受けてください。


購入ボタン