ニゾラールクリーム



ニゾラールクリームはケトコナゾールを主成分とする真菌の感染症を治療する医薬品です。

イミダゾール系の抗真菌薬であり、主に皮膚に感染して起こる、水虫、白癬、カンジダ症といった真菌感染症に対して用いられ、真菌の細胞膜を破壊して殺菌していきます。

比較的、副作用が少ない抗真菌薬となっており、多くの方が処方されている商品です。

病院にいくのに抵抗があるとか病院に行く時間がないという人でも個人輸入ならば簡単に購入できます。

水虫などは長期的な治療が必要であり、体内に根付いていることが多いので症状がなくなったといっても決して治療をしないということはしないようにしましょう。

ニゾラールクリームの効果効能
カビ菌の一種となる真菌により、内臓、皮膚、爪などに感染した場合に起こる様々な症状に対して用いることにより、真菌の細胞壁を破壊して増殖を防ぎ、殺菌するという効果を持ちます。

また塗り薬だけでは治るのが難しいとされる爪水虫に対しては、継続的な投薬療法(パルス療法)として錠剤を併用する場合があります。

ニゾラールクリームの主成分・有効成分
ケトコナゾール(Ketoconazole)

ニゾラールクリームとは
ニゾラールクリームとは、副作用が少ないという点から多くの患者さんに処方されていてカビの仲間となる真菌による感染症に対して用いられています。

主に、皮膚感染となる水虫や白癬(はくせん)、カンジダ症などの真菌に対し、その細胞膜を破壊して殺菌を行います。

ニゾラールクリームの使用方法
一般的な使用方法として、白癬(はくせん)、癜風(でんぷう)、皮膚カンジダ症などに対しては、1日1回の使用で患部へ直接塗布します。

幹部よりも少し広めに塗ることで皮膚の奥に潜む真菌を死滅させることが期待できますので勿体無いと言うよりかはたっぷりと広範囲に塗るように心がけて1日2回の使用しましょう。

また塗る際には患部を清潔にしてから塗るようにしましょう。


購入ボタン