適度に楽しめる運動をする

ダイエットをしようと思ったら多くの人が体重を落とすと言うことに関して食事制限をしてしまうと言う人が多いですが、ダイエットにおいて最も大切なことは適度な運動をするということが重要なんです。

そもそも体重と言うのは脂肪と言うのは軽くて筋肉と言うのは思いのです。

同じ体重50kgで身長も同じ160cmの女性が居たとしても見た目が全然違ったりしますよね。それは純粋に脂肪が多いか筋肉が多いかで全然変わってきます。

適度な運動をすることがきれいな体型になることは間違いありませんし、食事制限だけをすると痩せた後にまた同じように今まで変わらない食事を取れば当然リバウンドをします。

しかもこの時に体の中では今まで減った分を取り戻そうとするのでより多く体内に脂肪を溜め込もうとしてしまうのです。

食べることが大好きな人が食事制限などをしてしまうとストレスに感じてしまって失敗してしまう可能性はかなり高いです。

ですからまずは食事制限をするという安易な道に進むのではなくて運動をするということを始めていきましょう。

最初は軽いジョギングだったり、ストレッチをするだけでもいいのです。

また昔スポーツをしていたのであれば再びスポーツを始めてみてもいいかもしれません。気分転換にもなりますし、筋肉がつけば引き締まって見えます。

またスポーツをしたことがないという人は体幹トレーニングをしましょう。

体幹というのは体の中心を鍛えるので姿勢がよくなりウエストも細くなり、ヒップも引き締まったりと全身がシェイプアップされます。

体幹トレーニングをするだけでも全然変わってきます。



いきなりハードなトレーニングをしようと思っても嫌になってしまいますし、最初は基本的なことを行うだけでかなりキツいです。

体幹トレーニングを必ず毎日行うと決めて行うようにしましょう。運動をすることで痩せると共に痩せ体質になると言うことが大切です。

また最初は軽いものから初めていったとしても徐々にもっとキツめのトレーニングをしたいと思うようになってきますからいきなりキツいものからはじめないようにしましょう。

運動をしたら足や腕が太くなってしまうとか考えてしまうかもしれませんが、それは勘違いです。

筋肉と言うのは太くなるハードなトレーニングをしない限りは太くなることはありません。筋肉をつけることで体は本来絞られていきます。

ウエイトトレーニングをしない限りは太くなることはないので適度な運動をしましょう。

体幹トレーニングに慣れてきたらランニングを行うようにしましょう。ランニングを行えば遅筋が鍛えられます。遅筋は長時間体を動かす際に必要なもので体が細くなっていきます。



逆に速筋というのは瞬発力を鍛えるもので、体がどんどん大きくなっていきます。

長距離ランナーが体が細いのに対して短距離ランナーは体が大きいのは遅筋と速筋の違いです。遅筋を鍛えるにはランニングが一番ですのでジョギングを1日30分からスタートさせていきましょう。

いきなり一気にすると疲れてしまいますので徐々に体を動かすことに慣れていくようにしていきましょう。

適度な運動をすることで健康的に体が引き締まって痩せて行きます。