食事制限ダイエット

運動をするのが苦手だと言う人もいますよね。子供の時から走るのも苦手だし、スポーツをしたことがない人からしてみれば適度な運動がキツく感じてしまうと思います。

運動ではなくて歩くのもあまり好きじゃないという人もいるかもしれませんので基本は運動ですが、どうしてもと言う人は食事制限のダイエットをするようにしましょう。

食事制限ダイエットと言っても色々な種類がありますよね。

どれを選んでいいのか分からないと言う人もいるかもしれませんので色々とメリットデメリットを紹介していきたいと思います。

ゼニカル錠を飲んで楽してダイエット

食べることが大好きだし、食事制限をしたくないと言う人は食中や食後にゼニカル錠を飲んで食べたことをなかったことに出来る医薬品があります。これをゼニカル錠を服用することで30%もの脂質をそのまま体外へと排出してくれて無理なくダイエットが出来ます。

ただし、ビタミン類なども一緒に排出してしまうのでサプリメントを通常よりも多めに取り入れることをお勧めします。

デメリットとしては医薬品のためお金がかかりますので金銭的負担がかかると言う点です。

ゼニカル錠について詳しく知りたい方は下をクリック

>>ゼニカル&マルチビタミンセット

18時以降食べないダイエット


18時以降は絶対に食べないダイエットというものでその前だったら普通に食事をしていいというものです。一気に痩せると言うものではなくて緩やかに痩せていくダイエット方法です。

生活習慣がしっかりとされている方にお勧めですよね。

やはり夜寝る前に食べると言うのが一番太ります。一番脂肪がつきやすい時間としているのが、夜の10時から夜中の2時までになりますから絶対に避けたい時間帯です。

18時を回ってしまったら絶対に食べないと決めて朝になったらいっぱいご飯を食べようと我慢をするだけでいいですし、胃腸を休ませる時間が増えるので体の負担も少ないですし、太りにくい体質へと変わっていきます。

ただし、昼夜逆転生活を送っていたり、不規則な仕事に就いている人は難しいと言えるでしょう。

糖質制限ダイエット


今注目されているダイエットが糖質制限ダイエットです。糖質というのは炭水化物ダイエットと言い換えてもいいでしょう。

炭水化物=糖質+食物繊維で出来ているので炭水化物を取るのを控えます。※食物繊維で糖質が少ない食材であれば沢山とっても問題ありません。

糖質以外のものであればカロリーを計算しなくてもいいのでお腹いっぱい食べることが出来ます。

一食大体20~40g以内に糖質を抑えましょう。

糖質制限の素晴らしいところは糖質を抑えればどれだけ食べてもいいので食べるのが大好きな人でも痩せることが出来ます。

ただし、デメリットとしてどうしても糖質制限をすると食材が偏ってしまったり、エンゲル係数が高くなってしまったりしますし、大好きなご飯が食べられないと言うのは思った以上にストレスに感じてしまう人も居ます。

ですから2週間に1度は何を食べても良い日を決めてストレス解消をしましょう。

ヨーグルトダイエット


昔から人気のダイエットでヨーグルトダイエットというものがあります。朝食にヨーグルトを取るのもいいですが、実は夜にヨーグルトを取るのが効果的と言われていますので出来れば毎食ヨーグルトをデザートとして摂取してもいいかもしれません。

ヨーグルトダイエットをすることで腸内環境が整ってお通じが非常によくなり1日2回から3回トイレに行く日もあるほどです。

便秘気味だという人にもお勧めのダイエット方法ですが糖質やカロリーを控えめのやつを選ばないと逆に太ってしまいますので気をつけましょう。

他にはプチ断食ダイエットなどがありますが、長続きをしないですし、仕事などにも影響が出てしまいますのでお勧めはしません。

たった1ヶ月と思うかもしれませんが、ダイエットをしている時の1ヶ月と言うのはかなり長く感じますので無理をしすぎないことが大切です。