ED(勃起不全)の原因と対策

男性ならば一度は考えたことがあるED(勃起不全)に対する不安や恐怖ですよね。

若い人ならば勃起不全?何を馬鹿なことを言っているんだ?って思ってしまうかもしれませんが、年齢を重ねるごとにEDに対しての不安や恐怖と言うのは増していきます。

事実、40歳代の5人に1人、50歳代の2.5人に1人と非常に多くの人がEDに悩んでいるのです。

EDというのは男性ならば誰にでも起こりうるものですし、パートナーと夜の性行為を楽しむことが出来なくなるのは男としては辛いものがありますし、パートナーに夜の営みを迫られても性行為が出来ないことでよりEDになって苦痛になってしまう人もいるのです。

そもそもEDというのは簡単に言ってしまえば二つの要因によって引き起こされてしまいます。

心理的な要因で起こる心因性ED

年齢を重ねれば重ねるほどEDになる可能性は高くなりますが、今は年齢のせいだけではなく若い人でもなる人も多いです。

ストレスが原因だったり、不規則な食事を続けていたり、車での通勤で座りっぱなしの仕事をしていたりなどの運動不足、お酒の飲みすぎや夜更かし、喫煙などの生活習慣が原因で若いうちからでもEDになってしまう人もいます。

特にストレス社会と言われている今現在では若いうちからでもEDに悩まされてしまう人は多いようです。仕事で疲れきっていて性的欲求自体が沸きづらいとか、経済的な不安から将来的な見通しが立たないことへのストレスが原因でEDになってしまう人もいます。

しかし、自分自身でEDの原因がある程度見当がつくなって思うものであればちょっとしたカウンセリングや薬の服用で意外とすんなりと治ることもあります。

生活習慣病などで起こる器質性ED

もう一つは動脈の広がりが不十分だとEDへとなってしまいます。

勃起をするということは性的な刺激を五感のいづれかで感じ取ったときに神経を介して陰茎に伝わると陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)の動脈が大きく拡がり血液が流れ込みことで勃起に至ります。

しかし、年齢を重ねれば重ねるほど、欠陥や神経に様々な障害が起こりやすくなります。特に動脈硬化などの障害がある場合などは血液が十分に流れ込まずに勃起が起こらなくなってしまうのです。

生活習慣病にかかっている可能性がありますので、普段から暴飲暴食をしている人はEDになるリスクが高くなってしまいます。

糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病の人はEDになるリスクはさらに高くなります。病気に対する予防や健康的な食生活を起こる必要が大切です。

ED(勃起不全)になる要因は大きく分けて生活習慣と心理的な要因があるのですが早い段階で対処しましょう。