食事や運動からed改善

ED治療として主流となっているのがバイアグラなどをはじめとした治療薬を服用することで勃起不全の解消になりますが、あくまでもED治療薬やICI治療と言うのは勃起力をサポートするもので、風邪とかの病気のように薬を飲んだり治療をすることで治った!ということにはなりません。

若いうちの心理的要因の場合は自信を取り戻したことでEDが改善されたと言うこともありますが、基本的に性行為をする際に薬を飲んだり治療をしなければいけなくなってしまいます。

また薬を飲まなかったらもしかしたら勃起しないかもしれないと言う不安がよりストレスになってしまって薬を頼らざるを得なくなってしまうことになりますし、性行為をするたびに服用するとなると経済的な負担がかかってしまいます。

そのために大事なのはED治療薬に頼ることなく自分の意思で勃起感覚を取り戻すことが出来るように根本的な改善をすることが大切なわけです。

すぐには戻らないかもしれませんが、頼らないようにするために体内を改善させていくようにしましょう。

勃起不全を解消したいと思ったら最初はバイアグラなどの薬を頼ると思いますが、それと併用して食生活や運動、日常のライフスタイルを見直すようにしましょう。

血流の改善

勃起障害が起きる原因として血行不良により血流が悪くなったりすることで陰茎に十分な血液が行き渡らなくなることで勃起を妨げてしまうことで起こります。

血液をドロドロだったら当然血流が悪くなるわけですから血液をサラサラに保つことが大切です。

血液がドロドロになる原因は栄養バランスが崩れたり、運動不足が原因で筋力が衰えることで血行が悪くなるので適度な運動と生活習慣の見直しがまずは必要です。

血液をサラサラにしておくことで今現在EDに悩んでいない人にとっても予防につながっていきます。

運動不足の解消

血行不良の原因の一つに運動不足により勃起不足が改善されることもあります。

EDに一番効くとされるのが下半身を鍛える運動でスクワットがEDには最も効果的であると言われています。

いきなりスクワットを1日100回しましょう!というのは無理でも最初はお風呂場でゆっくり10回20回とやっていくだけでも効果は違ってきます。

下半身を鍛えるものとしてランニングも効果的です。

しかし、サイクリングの場合は注意が必要です。勃起に必要な血管や神経がサドルに圧迫されてしまって陰茎部分の血行がわるくなってしまうと考えられてしまいます。

毎日1時間以上乗る場合は注意しましょう。とはいえ毎日1時間以上サイクリングをするのは大変ですのでそこまで気を使わなくてもいいかもしれません。

特に運動をすることで体型が変わり自分に自信がでてきますし、ストレス解消になるのは間違いないので週に二日は運動をするように心がけましょう。

食事改善も大事

スムーズに勃起をし、射精をするためには、精液を十分に作ることも大事です。

精液が作られるにはたんぱく質やビタミン、ミネラルが必要不可欠です。

炭水化物ばかりを取りすぎると糖質や脂質が増えてしまいがちですので緑黄色野菜や大豆などをしっかりと取り入れるようにしましょう。

また精力増強する食べ物を積極的に摂取してもいいでしょう。牡蠣やレバーは非常に亜鉛が豊富ですし、納豆や山芋、モロヘイヤなどのネバネバ系の食材にはムチンと呼ばれるものが豊富ですので積極的に取っていきましょう。

食事を改善して運動不足を解消するだけでEDが治ったと言う人もいます。