ED(勃起不全)の治療法

自分がEDかな?って思ったら早期の治療をすることが一番です。EDかもしれないと言う不安を抱えていたらより精神的なストレスや性行為自体がうまく出来るのかな?っていう不安に陥ってしまって性行為が苦痛に感じるようになってしまいます。

そうなってしまったらより性行為をすること自体が遠ざかってしまいます。

普段から健康的な生活を送っているのであれば心理的要因が強いので性行為がプレッシャーになってしまったらさらにEDへとなってしまいますので早い段階でEDと思ったら対処しましょう。

EDになることが恥ずかしいと思う男性も多いかもしれませんが、約1800万人のED(勃起不全)に悩む男性がいると推計されていますので自分だけではないということを頭に入れておきましょう。

一番間違いないのがクリニックに相談をするということが一番です。

とはいえ仕事が忙しくて中々行けないという人もいればEDで病院に行くのには抵抗があるとか恥ずかしいと思う人も多いですよね。

実際にEDに悩んでいる人で病院に行く人は全体の5%程度と言われているほどです。

ED治療を専門にした医院もインターネットで調べれば出てきますし、ドクターも薬剤師も受付スタッフも全員男性で、問診の時間も短くズボンを脱ぐなんてこともなく、問診だけで案外あっさり治療薬を処方してくれたりします。

薬を処方する時の注意点や時間などもこと細かく教えてくれたりするので薬に対して不安に感じる人も安心できると思います。

実際にED治療薬は内服薬が多く主流となっているのですが、インターネットで調べてみると色々な噂が立っていますよね。

・『ED 治療薬って心臓に負担かけるから危ない』
・『麻薬と同じで一回飲んだら飲まないと性行為が出来なくなってしまう』
・『飲んだら1日勃起しっぱなし』

など書き込んでいる人もいます。

しかし、根拠がありませんし、身体的依存性はまったくありません。

また意外と勘違いしている人も多いのが、ED治療薬を飲んだら薬が効いているうちはずっと勃起しっぱなしと考えている人もいるかもしれませんが、性的刺激がなければ普段どおり生活をすることが出来ます。

そういった誤解なども病院にいけば解消してくれるので服用する際の不安に感じる部分も直接医者に聞けるので相談をしたいと言う人は病院にいくのが一番です。

特に心臓の病気を患っていたり、今現在他の薬を飲んでいると言う人は必ず病院に行って相談をしましょう。

ただし、やはり病院に行くのには抵抗があると言う人もいますし、まだ自分は軽度のEDだし、至って健康で病気などもしていないと言う人はED治療薬も手軽に入手して性行為を楽しみたいと言う考えの人も多いはず。

それにとりあえず自分でED治療薬を飲んでダメだったら病院にいきたいと言う人もいると思います。

そういったときに医薬品個人輸入代行サイトを利用することで手軽に入手することでEDが改善されます。