ICI療法とは

EDになった時の最終手段としてICI療法がありますのでICI療法について紹介していきたいと思います。

ED治療薬として内服薬が一般的です。有名なのがバイアグラ・レビトラ・シアリスなどが有名ですよね。

しかし、内服薬が効かないと言う人も中にはいます。実際にバイアグラなどの ED 治療薬の効果は、80%程度と高い有効性を誇りますが、どうしても効かないという人もいます。

そもそも重度の糖尿病があったり、心臓を患っていたりすると内服薬がそもそも使えないと言う人もいます。

そういった人たちのために主に用いられるのがICI治療なのです。

ICI治療を受けた方の98%が効果を感じたと言うことが報告されているので諦めていた人でも効果を期待することが出来ます。

ただし、残念なことに日本では未承認のため、金銭的にも自己負担となってしまいます。

ED治療の最終手段とも言えるICI治療は、医者によって調合されたプロスタグランジンE1製剤を、直接陰茎海綿体に注入し、強制的に勃起させる方法です。

ICI治療内服のED治療薬と違って性的刺激を受けないと勃起が起こらないのに対してICIは強制的に性的刺激を受けなくても勃起が起こります。

これが内服薬との大きな違いです。

直接注入って痛そう・・・って思うかもしれませんが、針は非常に細くて髪の毛ほどの太さしかありませんし、薬の量も0.1ccからと非常に少量ですのでチクッとするぐらいで済みますので痛いというほどではないでしょう。

持病にも影響を得ることがないので誰もが利用できます。

薬剤も血液中にまわることなく注入しておよそ5~10踏んで勃起が始まりおよろ30分ほどで最大膨張へとなります。

個人差がありますが、大体接続時間は3時間前後持つとされて射精後も勃起が持続するので早漏治療にも役立っている治療法と言えるでしょう。

なぜここまでICI治療が広まっていないのかと言うと理由はやはり、内服薬が一般的だからというのがあります。

また直接ペニスに注入するのにはやはり抵抗があるということ、一回目は医者に打ってもらいますが、二回目からは大体自分で注射をしなければいけないこと、また注射をしたらすぐに勃起が始まりますのでタイミングを見計らうのが大変と言うこともあります。

そして自己負担なのでどうしても料金も割高になってしまいます。

一回のICI治療の平均価格は10,000円からとなっており内服薬のバイアグラなどは1錠あたり、1500円が一般的ですので経済的負担がかかると言うことも上げられます。

あくまでICI治療は内服薬を試しても効かないという人のための治療と位置づけておいたほうがいいですね。