育毛と薄毛対策

薄毛が気になる男性の方は多いですよね。欧米人のように薄毛でもかっこいいと思われたらいいですが、日本人はどうしても薄毛でかっこよく見られるということが少ないです。

だからこそ多くの日本人が将来ハゲないかを気にしてしまうものです。

今は若い人でも薄げに悩んだり、将来を不安に感じている人も少なくないでしょう。薄毛対策というのは早くから行っておけばそれだけ対策になりますから早いうちから行いましょう。

そもそも「薄毛」って何?

薄毛というものに対して正しい知識を得ることが大切ですよね。

まず薄毛というのは大人の男になった証拠でもあるということです。一般的に男性の多くが20歳の成人を迎えるのをピークとしてそこからは緩やかに少しずつ頭髪が薄くなっていきます。

これを「男性型脱毛症」と一般的に多くの人が薄げに悩まされる症状です。

簡単に言うと髪の毛の成長をストップさせてしまい、髪の毛1本が持つ本来の寿命よりも早く抜け落ちてしまいます。

ただし、この男性型脱毛症は個人差があり、全ての人が成人を迎えたら同じように薄げになるというものではありません。

また髪の毛が抜けるということ=薄毛になるというものでもないのです。髪の毛は生え変わってきて新しい髪の毛が生えてきてまた抜けて生えるというヘアサイクルがあります。

薄毛になるのはこのヘアサイクルが正常に行われてこないことですよね。通常ヘアサイクルというのは平均で2年から6年だといわれています。

人間の髪の毛は約10万本あると言われており、大体1日50本から70本くらいは自然と抜け落ちるのです。毎日これぐらいは抜け落ちるので抜ける=薄毛になるというものではありません。