髪が生えるメカニズム

薄毛予防のためにはなぜ髪の毛が生えるのか、そして抜けるのかを知っておきましょう。

髪は人間の皮膚が変化して出来たもので皮膚の外に出ているものを「 毛幹 」と言い、皮膚の下に隠れているものを『 毛根 』と分けられています。

髪の毛が生えるメカニズムとして毛根部分に血流によって多くの栄養分や酸素やホルモンなどの髪の毛が成長するに必要なものが運ばれていき成長促進、細胞分裂が起きて新しい毛が作られていきます。

すくすくと成長した髪の毛もいづれ寿命が来ます。

1日に平均0.3ミリペースで伸び続けて男性は2年から5年、女性は5~6年続きます。成長期を終えると毛根が退化していき、退行期に入って、休止期に入りやがて髪の毛が抜けていきます。

そしてまた新たに新しい髪の毛が生えてくるのですが、何らかの原因で毛髪の成長を抑制する因子が作用して、ヘアサイクルの回転がストップすると薄毛や抜け毛の原因になるのです。

必ず髪の毛には個人差がありますが、一定の寿命で生え変わります。髪が抜けること自体は何も問題はありません。問題はあくまでも次に生えてくる髪の毛のヘアサイクルがうまく作用していないことが原因で起こります。