安価に入手が可能

以外に思うかもしれませんが、医薬品個人輸入代行を利用したほうが通常よりも安価に入手が可能というメリットがあります。

基本的に医薬品個人輸入代行というのは海外から輸入してもらいます。そのため輸送費がかかるか通常よりもお金がかかるのではないか?って思う人もいるかもしれません。

病院に行って診察を受けて薬を貰うとなると毎回定価での支払いになりますよね。しかも実際にもらえる薬の量は病院側が判断をしますよね。

定価での支払いというのが意外と高くなってしまうものです。保険適用外の薬を貰うとなるとより料金が高くなります。

医薬品個人輸入代行の場合はジェネリック医薬品を多く扱っています。基本的には日本ではまだ未発売のジェネリック医薬品を購入できるのが最大のメリットなのですが、さらにプラスをしてまとめて購入をしようと思ったらより安価に購入できます。

商品によってはまとめて購入すれば定価の40%ぐらいで購入することが出来るケースもあります。

また大量に購入すれば送料無料というオプションがあるところが多いので実質送料かからずに値段を抑えた状態で購入することが出来るので市販で売られている薬よりも料金が安くなるメリットがあります。

例えばAGA治療などは長期的に付き合っていかなくてはいけませんのでそうなると金銭的な負担が増していきます。

そういった人は医薬品個人輸入代行でジェネリック医薬品をまとめて購入すればかなり金銭的負担が軽くなります。