最先端の薬を利用できる

医薬品個人輸入代行を利用するメリットとして最先端の薬を利用できるという点があります。

日本の医療は世界一とも言っていいほど厳しい審査基準をクリアして製造ラインもものすごい清潔に保っていたりしています。

世界が認める安全性を誇っていると言っていいでしょう。今市販で出されたり、病院から処方される薬というのは絶対的な安心感があることは間違いありません。

ただし、その安全性というものに若干こだわりすぎている部分があるともいえます。

もちろん医療の現場において安全性というのは一番大切ことであることは間違いありませんが、海外で市販されて販売されている薬に対して日本では薬によってはまた一から動物実験からスタートをするケースもがあります。

そのため他の国ではどんどん新しい薬が発売されて効果的な実績を上げている薬が日本ではまだ販売もされていないというケースもあるのです。

具体例を挙げると米国がん学会(AACR)では、毎年約150種類を超える抗がん剤の治験情報が掲載されているのですが、日本での承認に向けて治験が行われるのは50種類に満たない30%程度しか承認されていません。

日本では欧米に比べて、薬の承認スピードが遅いので、海外の製薬企業は日本での開発をどうしても敬遠してしまいます。

日本製薬工業会が発表した2007年のデータによると、他国で承認された薬が自国で使用できるまでの期間は、アメリカで1.2年となっているのに対し、日本は4.7年と先進国では最低の基準となっています。

安全面が第一かもしれませんが、海外の先進国の製造ラインや安全基準も日本と同じぐらい、時には日本よりも進んでいるケースがあるのです。

どんどん新薬が発表されるわけですから製造ラインの基準や安全面もしっかりと判断されるわけです。

医薬品個人輸入代行ではこういった最先端の薬を利用することが出来ます。

もちろん処方しようと思ったらまずは医者に相談をしてから処方をした方がいいと思いますが、今使っている薬があまり効果がないと思ったら医薬品個人輸入代行を使ってみるのもいいでしょう。