商品を詳しく紹介している

業者選びのポイントとしてしっかりと把握をしておきたいのが会社情報の記載がきちんと書かれているかどうかは見るようにしましょう。

と言うのは日本が販売元ではありません。個人輸入代行業者というのは海外を拠点としているためどうしても実態が分からないことがあります。

だからこそ日本語表記できちんと会社情報が書かれているかどうかは見ておくのは利用者としても必要なことだと思います。

海外の住所を調べても良く分からないと言うこともあるかもしれませんが、今はグーグルマップと言う非常に優れたサービスがあり、それを見るとどんな建物で運営をしているのかどうかぐらいは分かります。

ある会社をグーグルマップで調べたら更地だったという例もあります。

会社情報では代表者の名前、住所、運営年数、連絡先、運営会社名などが書かれているかは把握しておきましょう。

もちろんこれは最低限の情報であり、特に医薬品を取り扱う際にはより細かい表示がされていることと思います。

医薬品個人輸入代行業者というのは悪徳業者も日本ではまだまだ少ないですが、利用する前に判断しておかないと一度購入サイトを決めてしまうとそのあとはずっと同じサイトを使う人が多いですからしっかりと確認をしてまともな運営をしているサイトかどうかを確認は必ずしておきましょう。