クレンジングをしっかりと

クレンジングは非常に大切です。

クレンジングはメイクを落とすであり、油汚れをするために開発された商品ですからしっかりと洗い落とすことが大切です。

特にここ最近のファンデーションなんかは粒子が細かくて汗で落ちないように改良されているのでしっかりと洗うことが必要です。

クレンジングの仕方としてはたっぷりのクレンジング料を顔に丁寧になじませること!絶対にしてはいけないのがゴシゴシ洗いです。

力を入れすぎずにリンパの流れに沿ってクルクルとマッサージするように手を動かしながら老廃物を流すような気持ちで洗ってあげるようにしましょう。

しっかりとメイクを浮かせたらぬるま湯で軽く洗い流すようにしましょう。

乾燥を気にして「クレンジングだけにしている」という人が時々いますが、それはむしろ逆効果です。

クレンジング1回で済ませようとすると、どうしても過剰に肌をこすってしまい、肌に大きなダメージを与えかねません。

またクレンジング料はメイクなどの皮脂汚れとなじんで肌から「浮かせる」ことに特化しているため、いくらぬるま湯ですすいでも肌表面に残った「汚れ」やクレンジング料そのものも残ってしまう可能性があります。

また油分だから熱いお湯で流したほうが良いと思ってしまいがちですが正しいクレンジング料を使えばしっかりと荒い落ちます。

むしろ熱いお湯で洗ってしまうと必要な皮脂までも落としてしまいます。また冷水で洗おうと思ってもクレンジングが固まってメイクが落ちにくい状況になりますので30度前後のお湯で洗うようにしましょう。

クレンジング後の洗顔をしないといけません。

クレンジングあくまでもメイクなどを落とすために洗うもので、洗顔料は「皮脂や汚れを荒らし流すもの」と認識し、必ずダブル洗顔を行うようにしましょう。

自分に合ったクレンジング料が分からないという人のためにタイプ別に紹介していきます。

乾燥肌の方

乾燥肌の方にはクレンジングクリームがおすすめです。肌に摩擦が起きにくく傷つきにくいので肌に余計な負担をかけずに洗浄することが出来ます。

脂性肌の方

脂性肌の方は、オイル・ジェル・リキッドといったクレンジングがおすすめです。

メイク落としでゴシゴシ擦らずとも、1分以内にメイクを落とせるものがクレンジングの理想と言われています。

様々なクレンジングを使用してみて、自分のメイクとの馴染み方や洗い流すまでにかかる時間などを確かめてみて自分に合ったものを使用しましょう。

敏感肌

敏感肌の方には、クレンジングミルクがおすすめです。

クレンジングミルクは肌への負担が低いものが多く、極度の敏感肌でない限り使用できるでしょう。

しかし、肌に優しい分洗浄力が低いので、目や口元のポイントメイクにはポイントメイクリムーバーを使用しましょう。