保湿が大切

正しい保湿をしているつもりが、間違った保湿の仕方をしていたら一向に肌トラブルやお肌の悩みが一向にかいけつしないままです。

正しいスキンケアにおいて保湿と言うのは大事なものですからしっかりと紹介していきたいと思います。

保湿と言うものをまずは何なのか?と言うことですが、保湿とは肌の水分を保って肌の乾燥を防ぐことを目的としています。

元々健康な肌の水分量は約20%~30%の水分を含んでいると言われています。しかし、乾燥肌と呼ばれる肌は大体20%を下回ります。

冬などの乾燥時期になって肌がつっぱるような感覚になると肌の水分は10%以下にまで下がっているとも言われているので顔や肌の水分をなくさないといけません。

20代の若い時は皮脂の分泌量が多いため、保湿美容液や化粧水さえしっかりと手入れしておけば乳液やクリームなどは必要なく保湿できたりします。

加齢によってどんどん保湿がうまくいかなくなってくるのですが、生活習慣やスキンケアをしっかりするかしないかで乾燥肌を防ぐことが出来ます。

まずは良く誤解されている保湿の仕方について紹介していきます。

顔の肌が乾燥する時は化粧水を十分につける

顔や肌が乾燥する時には、肌の水分量が減っているからとりあえず化粧水をつけておけば大丈夫と思って化粧水をつきすぎてしまう人が多いです。

しかし、肌に沢山化粧水をつけても蒸発をするだけで保湿効果は見込めません。むしろ皮膚がふやけてしまって本来肌が持っている保湿成分まで溶け出してしまい乾燥しやすくなってしまう可能性があります。

化粧水をコットンで長時間肌に浸透させようとする

しっかりと化粧水を肌に浸透させたいと思って使うのがコットンやシートマスクですが、指定時間以上、長く肌の上に載せてしまうと逆にコットンが乾燥してしまって逆に肌内部のス韻文も一緒に乾燥させてしまいますので注意が必要です。

ニキビ肌やオイリー肌は保湿はない

オイリー肌には乳液やクリームはほとんど必要がなく、むしろつけすぎるとニキビが出来たり、悪化させたりしますが、乾燥肌がひどい場合もオイリー肌になるケースがあります。

乾燥から皮膚を余分に皮脂を出したりするので乾燥肌が原因の場合でのオイリー肌の場合はしっかりと保湿は必要です。

オイリー肌やニキビ肌には保湿が必要ないと思い込むのは危険です。

洗顔料はお肌のためにしっとりタイプを使う

よくあるのが洗顔料でお肌がしっとりという表示を見ますが、洗顔はあくまでも顔の汚れを落とすものであり、しっとりタイプの洗顔料は洗うことと油分の補給を同時に行っているので洗い上がりがしっとりするものですが、油分が多く含まれているためです。

しっとりタイプの場合はメイク汚れ等が残っているのかどうかが判断できませんのでその姓で化粧水や美容液の栄養成分が肌に浸透しないので使う時には十分に注意しましょう。

以上のことについて気をつけなければいけません。

肌の内部の水分を保つために有効な成分

肌の内部の水分を保つために効果的な成分について把握しておきましょう。

○セラミド
○ヒアルロン酸
○コラーゲン
○エラスチン

これらが大体有名な成分ですね。

特にエラスチンという成分は皮膚表面にも存在する成分で肌内部で保持できる水分量を増やしてくれるので覚えておきましょう。