APIS(エイピス)とは?特徴・価格・将来性について

アルトコイン

マスターノードAPISは2018年2月にICOが行われた新しい仮想通貨です。

 

目的が明確のため参入しやすいということもあり、今注目の仮想通貨と言えるでしょう。

 

どんな特徴や将来性があるのかを紹介していきたいと思います。

APIS(エイピス)の基本情報

 

独自通貨APIS
公式サイトhttps://apisplatform.io/
コンセンサスアルゴリズムPoW
発行上限52億3600万枚

APIS(エイピス)の特徴

APISの特徴は誰でも気軽にマスターノードへ参入し、配当を得られることが出来るようにする仲介プラットフォームです。

針ネズミ
針ネズミ

マスターノードとは・・・

一定の枚数の通貨を保有することで割合に応じて配当を受け取ることが出来る銀行の定期預金のようなもの。

しかし、マスターノードに必要な資金は多額であることがほとんどであるたり、さらに専門的な知識が必要なことから一般の投資家が参入しづらくハードルが高い。

仮想通貨界ではマスターノードというのは一般の投資家ではまず参入できなかったのです。

 

マスターノードのメリットはかなり大きいものだからこそそのメリットを知る人の多くは参入したかったものですがただ良いなぁ~と指を咥えて眺めていただけでした。

 

しかし、このAPISプラットフォームではまずマスターノードに建てるのに必要な資金を小口の個人投資家から少しずつ集めて、投資額に応じて配当を分配されるのです。

 

APISがマスターノードの維持を代行してくれるということで、投資家としては難しい専門的な知識も必要なく気軽に投資運用を行うことが出来ます。

 

仮想通貨においてマスターノードに参入したいと思っている人からしてみればうってつけのアルトコインと言えます。

 

また、APIS自体にもマスターノード機能があり、5万APIS以上持っている人は地震でマスターノードを建てて配当を受け取り続けることも可能です。

 

APISマスターノードの限度は50万枚のようですなのでAPISを買うのであればなんとしても50万枚集めておきたいところと言えるでしょう。

 

基本的にAPISを保有さえしておけばマスターノードの配当を受け取ることが出来るので、購入した人が中々手放す人がいないので売り圧が弱く買い圧が増えて行くわけです。

APIS(エイピス)の価格

APISの今現在の価格です。

APISは大手海外仮想通貨のBit-Zに上場しています。あまり馴染みがないかもしれませんが、Bit-Zは世界の取引所のTOP10に入るほど流通量が多い取引所です。

 

上場した直後の値段というのは約0.3円だったのが、数日で4倍もの値をつけて2018年6月2日時点で1.24円台を推移しています。

 

今後値上がりするかどうかはAPISに将来性があるかどうかで決まります。

APIS(エイピス)の将来性

APISの将来性は非常に高いでしょう。

 

マスターノードに参入できるというのは非常にメリットが大きいのです。

 

多くの人がマスターノードのメリットには気付いてはいましたが、そのハードルの高さに参入できなかったものがAPISによってぐっとハードルが下がりました。

 

今後どんどん知名度が高まるにつれて価格上昇が見込める期待のアルトコインです。

APIS(エイピス)のまとめ

今現在はBit-Zでしか購入できませんのでまずは国内でビットコインを購入しましょう。

ビットフライヤーの公式ページへ

その後にBit-Zに登録をしてAPISを購入しましょう。
Bit-Zに登録する

この記事を書いた人
針ネズミ

仮想通貨に投資したい!って思って色々なアルトコインを勉強中☆これから始めようと思っている人にも参考になってくれたら嬉しい♪

針ネズミをフォローする
アルトコイン
針ネズミをフォローする
アルトコイン情報まとめサイト~将来性抜群のコイン~

コメント