EOS(イオス)とは?特徴・価格・将来性について

アルトコイン

ある程度の有名で時価総額の高いアルトコインならば大抵知っているという人も、急に価格が急上昇して、時価総額ランキングに2018年5月18日時点で、5位の位置につけて何だこのアルトコインは?って思った人も多いと思います。

 

急に仮想通貨の上位に割り込んできたEOS(イオス)について説明します。

EOS(イオス)の基本情報

 

独自通貨EOS
公式サイトhttps://eos.io/
コンセンサスアルゴリズムPoS
発行上限1,000,000,000枚

EOS(イオス)の特徴

EOSの特徴としては仮想通貨の利用価値がないことです!

 

針ネズミ
針ネズミ

・・・は?(威圧)

別にふざけているわけではありません。

 

EOSのICOのホームページにも利用価値が無いこと48時間以内に移転不可となることがしっかりと明記されています。

 

じゃあなんでこんなにも時価総額が高いの?お金持ちたちの遊び??って思うかもしれませんが、仮想通貨としてのEOSではなくてEOSプロジェクトとしての資金調達の為にICOで仮想通貨の「EOS」を発行したのです。

 

つまりプロジェクトの将来性に対して投資をしていると言ってもいいでしょう。

 

ではその肝心のEOSプロジェクトとはどういったものなのでしょうか?

 

EOSプロジェクト

EOSは、イーサリアムと同じように、分散型アプリケーションのプラットフォームを目指しています。

 

中央集権的な通貨として有名なリップルではなく、誰でも参加できる分散型アプリケーションなnです。

 

さらにブロックチェーンの処理速度が非常に速く、ビットコインやイーサリアムのような送金詰まりを起こす恐れがなくて、取引手数料がかからないので、莫大な量の取引を行う企業と非常に相性がいいんです。

 

イーサリアムの上位互換のアルトコインと表現する人もいます。

 

また他にも仮想通貨投資において非常に参考になると言われているウェブボットが上昇を予想したことでも話題になりました。

針ネズミ
針ネズミ

ウェブボットとは・・・
仮想通貨の値動きを予想するビッグデータのことで的中率が非常に高いと話題になりました。実際にビットコインキャッシュが11月以降に大幅上昇することを的中させています。

ウェブボッドの予測発言は下記の通り

イオスは2018年の春から上昇する。その理由は、この通貨が既存の産業で使われることになるからだ。これで新しいパラダイムが台頭するが、その引き金になるのがイオスだ。ただ、これが具体的に何を意味しているのかまだ漠然としている。来年になるとその意味するところがはっきりしてくるはずだという。

引用元

具体的な予想ではなくて、可能性だけを示しています。

 

EOSはホワイトペーパーには現状では利用価値がなくて、EOSのプロジェクトに注目をして投資をしていると投資家が多いので今後も注目のアルトコインの1つと言えるでしょう。

 

アメリカの格付け会社Weiss RatingがEOSに最高評価

Weiss Ratings社の記事によれば、「高く評価しているコインが値上がりしている」とし、特にCardano(カルダノ/ADA)、NEO(ネオ/NEO)、EOS(イオス/EOS)は投資価値のあるコインで “スーパーコイン” だと賞賛しています。

 

Weiss Ratings社はあまり聞いた事がないかもしれませんが、格付け会社として大手会社です。

公式サイトはこちら

 

Cardano(カルダノ/ADA)はこちらをご覧下さい。

エイダコイン【Cardano/ada】とは?特徴・価格・将来性について
エイダコイン【Cardano/ada】とは?特徴・価格・将来性について説明をします。かなり壮大なスケールを展開するアルトコインです。

 

NEO(ネオ)はこちらをご覧下さい。

NEO(ネオ)とは?特徴・価格・将来性について
NEO(ネオ)とは?特徴・価格・将来性について説明します。中国版イーサリアムと称され誰でも快適にスマートコントラクトを活した生活を過ごす事目指しているアルトコインです。

EOS(イオス)の価格

EOSの今現在の価格です。

EOSは、2017年にICOにより誕生した通貨で非常に新しい通貨です。

 

ICOは大きく盛り上がり、上場後は順調な値上がりを見せました。

 

今後、EOSの価格が上昇するかどうかは将来性があるかどうかにかかっています。

EOS(イオス)の将来性

順調すぎるほど順調に価格を上げてきたEOSですが、今後の将来について考えてみたいと思います。

 

まずここまで時価総額が上がってきてランキングトップ10以内を維持するならば将来性や安定感は高いといっていいでしょう。

 

ただし、EOSトークン自体にはまだ利用価値がありません。本当の意味で価格が上昇するのか、それとも下落するのかはこのEOSトークンがどういった役割を示すかにかかってきます。
使い方次第ではそもそもイーサリアムの上位互換と言われているほどですから大いに期待できるとも言えるので、小額でも投資をしてもいいかもしれません。

EOS(イオス)のまとめ

現状EOSは多くの投資家たちから注目を集めており、堅実に価格上昇してきました。

 

格付け会社やウェブボットなど価格上昇に期待できる要素もあるのも強みです。

 

EOSを購入したいと思っても日本の国内取引所では取り扱っていないのでまずは国内取引所に登録をしてからビットコインなどを取り扱っている取引所に送金して購入する必要があります。
ビットフライヤーの公式ページへ
 
EOSを取り扱っている取引所の中でもNO.1の取引所と言われているバイナンスがオススメです。
バイナンスに登録する

この記事を書いた人
針ネズミ

仮想通貨に投資したい!って思って色々なアルトコインを勉強中☆これから始めようと思っている人にも参考になってくれたら嬉しい♪

針ネズミをフォローする
アルトコイン
針ネズミをフォローする
アルトコイン情報まとめサイト~将来性抜群のコイン~

コメント