IOTA(アイオータ)とは?特徴・価格・将来性について

アルトコイン

IOTA(アイオータ)は、2017年6月14日に香港の取引所「Bitfinex」に上場した初日でなんと時価総額ランキング6位にランクインしました。

そこから常に上位をキープし続けているIOTAの特徴について紹介していきます。

IOTA(アイオータ)の基本情報

 

独自通貨IOT
公式サイトhttp://iota.org/
コンセンサスアルゴリズムPoW
発行上限2800兆枚(100万枚で1単位で取引)

IOTA(アイオータ)の特徴

IOTAは上場していきなり時価総額のトップ5入りをしたときはIOTAを知らなかった人からしてみれば衝撃だったと思います。

 

数々の大手企業と提携

なぜこんなにも急激に価格が上昇したのかというと、マイクロソフト、富士通など20社以上の企業と提携を結んだことが挙げられます。

IOTAにはブロックチェーンとは違った技術である分散型ネットワークの技術が使われていて、IoT(Internet of Things)と相性がいいため、今回多くの企業と提携が進んだのです。

針ネズミ
針ネズミ
IoT(Internet of Things)とは・・・
「身の周りのあらゆるモノがインターネットにつながる」仕組みのことであり、パソコンやスマホだけではなくて家電などもインターネットと繋がることが出来るなることです。今後IoT商品はどんどん生まれてきます。

 

しかし、これまでIoTに仮想通貨を実装しようとしてもリアルタイムの支払いに手数料が高くついてしまうという問題がありました。

 

仮想通貨ではセキュリティを高めるために分散型の承認システムを採用しているのですが、データの整合性が合わないといけません。

 

細やかな支払いやリアルタイムの支払いに対して頻繁に承認作業が発生するため、決済が遅れたり、手数料が高くなってしまうという問題がありました。

 

しかし、これを解決したのがIOTAのTangleです。

リアルタイムの支払いを可能にしたTangle

IoTの将来はもう訪れています。家電をwi-fiでインターネットに繋いだりしているのです。

 

そんな中で現実的にブロックチェーンでは先に述べたリアルタイム決済が出来ない、手数料が高騰してしまうというのがありましたが、IOTAのTangleという技術によって可能となるのです。

 

しかし、IOTAには懸念材料があります。

 

それはシステムが非常に複雑であること。IOTAは技術面においてまだまだ完成しているわけではないんです。

 

IOTAのTangleはDAG技術と呼ばれるもので、DAGを搭載したものをDAG通貨ともいいます。

 

 

DAG通貨と言っても色々な種類があります。

 

仕様用途によって色々と特徴があるようですが、IOTAの場合特にハッキングをされてしまうとかなり問題がでてしまうため、DAG通貨の中でも最上級に難しいと言われています。

 

そのため発展途上の段階であり、これから先開発に遅れが生じてしまったりする可能性はあります。

 

その分完成すれば、非常に優れた技術ですので生活を豊かにしてくれることでしょう。

 

IoT技術や製品というのは今後数年で当たり前のものになってきます。それにあわせてIOTAのTangleが間に合えばIoT市場を一気に引き寄せることになるのでかなりの価格の上昇が見込めるのではないでしょうか?

 

IOTAはがTangleという技術が使われいることで出来ることは

  • 大容量のスケーラビリティ
  • 送金手数料が無料
  • 改ざん不可能かつ2重トランザクション可能な安全性

といったIoTに必要な特性を網羅しています。

 

それだけに留まらずIOTAの技術はセキュリティ面もしっかりしているからこそ信頼が高まっています。

IOTA(アイオータ)の価格

IOTAの今現在の価格です。

IOTAの価格は、一時5.55ドル(632円)を超えました。

そこから仮想通貨業界全体が下降して、今現在は200円近くを推移しています。

 

これから先価格上昇が見込めるかどうかはIOTAの将来性があるかどうかによります。

IOTA(アイオータ)の将来性

IOTAの将来性としてまず仮想通貨ランキングでTOP20位以上です。まずこのランキングに入っている仮想通貨は安心できると思います。

 

また大企業と提携をしているので、安定しているとも言えます。

 

また今後必ず市場として伸びてくるIoT市場をターゲットにしていると言うことで、実現すればかなり価格上昇が見込める訳です。

 

しかし、気をつけて欲しいのがIOTAの技術が発展途上ということ。

 

非常に高度な技術のため計画が行き詰ってしまったり、延び延びになってしまう可能性もありますのでそこだけは注意しましょう。

IOTA(アイオータ)のまとめ

世界が注目するIoT市場とブロックチェーンは非常に相性がいいです。

IOTAに注目をしている人も多いと思いますが、日本の国内取引所では購入できません。まずは日本の国内取引所でビットコインを購入して他の海外取引所に送金してから購入する手順になりますのでまずはオススメのビットフライヤーに登録しましょう。
ビットフライヤーの公式ページへ

IOTAを扱っている取引所でNO.1の評価が高いバイナンスがオススメです。
バイナンスに登録する

この記事を書いた人
針ネズミ

仮想通貨に投資したい!って思って色々なアルトコインを勉強中☆これから始めようと思っている人にも参考になってくれたら嬉しい♪

針ネズミをフォローする
アルトコイン
針ネズミをフォローする
アルトコイン情報まとめサイト~将来性抜群のコイン~

コメント