モナコイン(MONACOIN)とは?特徴・価格・将来性について

アルトコイン

日本発の仮想通貨としても有名なモナコイン(MonaCoin)です。

 

モナコインは、twitter上での投げ銭や、モナコイン専用のサイトなどネタコインとして見られている人もいるかもしれませんが、きちんとした仮想通貨であり、実際に日本で取り扱っている店舗も大きいです。

 

また日本だけの取引所でしか取り扱われていないと思っているかもしれませんが、海外でも複数の取引所に上場しています。

 

草コインの中で大躍進を遂げたのがモナコインですので紹介していきます。

 

モナコインをネタコインとして有名なコインと思っている人もいますので紹介します。

モナコイン(MONACOIN)の基本情報

 

独自通貨MONA
公式サイトhttps://monacoin.org/
コンセンサスアルゴリズムPoW
発行上限1億512万枚

モナコイン(MONACOIN)の特徴

そもそもモナコインとは元2ちゃんねる(現5ちゃんねる)のソフトウエア版で誕生した仮想通貨であり、ライトコインのソースコードをベースに開発がスタートしました。

 

ファンによって様々なサービスが展開されています。

モナコインの素晴らしいところは圧倒的なコミュニティの強さにありると言えるでしょう。

 

他にも様々な特徴も兼ね備えています。

 

仮想通貨としてもしっかりと作られている

モナコインはネタコインとして扱われている分、適当に作っているんじゃないの?とか脆弱性があるんじゃないの?って思っている人も多いです。

 

しかし、先ほども言いましたが、ライトコインをベースに作られているので技術的革新性はないかもしれませんが、システムはしっかりしているのです。

ライトコイン(Litecoin)とは?特徴・価格・将来性について
ライトコイン(Litecoin)とは?特徴・価格・将来性について説明していきます。数あるアルトコインの中でも最も歴史のある通貨でより一般的な場所で使われることを目指しています。

ファンコミュニティが強い

ファンコミュニティが大きいってそんなにメリットあるの?って思うかもしれませんが、大いにあります。

 

どんなに優れた開発をしたとしても広まらなければ意味がないですよね。

 

ファンコミュニティによって大きく宣伝もしていきますし、アイデアも生まれますし、実用性として踏み出していきます。

 

特に仮想通貨は始まった段階ですので“利用される”というのが非常に大きい要素になります。

 

コミュニティの強さによってモナコインは草コインの代表とも言える存在にまで成長していったのです。

 

また開発に関してもほぼファンのボランティアが行っています。

 

しかもボランティアのレベルを超えた技術です。

 

熱意あるファンの開発によって、世界で始めてSegwitを導入したり、アトミックスワップを実現したりと活発にその機能性を高めています。

 

針ネズミ
針ネズミ

Segwitとは・・・
Segregated Witnessの略で、ブロックチェーン上に記録される取引のサイズを圧縮することで、1ブロックあたりに記録できる量を増やして取引を速やかに処理すること。

針ネズミ
針ネズミ

アトミックスワップとは・・・
取引所やマイナーなどの仲介を通さずに通貨同士を直接交換できる機能のこと。
送金手数料などがほぼゼロになる。

実店舗での利用化が進む

東京がやはり多いですが、東京以外にも少しずつですが、取り扱い店舗が増えています。

【2/6更新】モナコイン(MONA)が使えるお店(決済対応店舗)
モナコイン(MONA)が使えるお店(決済対応店舗)   モナコイン(MONA)の決済対応店舗をご紹介…

 

 

モナコインハッキング事件

安全だと言われていたブロックチェーンのPoWがハッキング攻撃を受けたことが発覚しました。

 

モナコインが攻撃を受けて、大規模なブロックチェーンの再編成(巻き戻し)と、取引所が金銭的な被害にあったことが明らかになり、仮想通貨業界がざわめきました。

 

Block Withholdig Attackと呼ばれる攻撃です。

非常に分かりやすい今回の事件をツイッターで紹介している方がいるので参考にしましょう。

 


愛須もも♡星座百景☆青銅★仮想通貨少女MONAさんのツイートから抜粋

 

良く分からないと言う人もいると思いますが、今回の事件はモナコインの難易度調整アルゴリズムが挙げられます。
モナコインは採掘難易度を1ブロックごとに調整出来る仕様になっています。

こうすることで急激なハッシュパワーの変化に強いというメリットがありますが、たまたま難易度が低いポイントを狙われて攻撃を仕掛けられると防御が間に合わないと言うことです。

被害状況について日本円に換算すると1000万程度です。

 

被害額でいえばコインチェックのハッキング事件とは比べ物にならないほどの少額ですが、コインチェックの取引所へのハッキングではなく、今回はブロックチェーン自体に対する攻撃を受けました。

 

改ざんされないはずのブロックチェーンのはずなのに安全ではなかったのか?という声が挙がっているのです。

 

また今回の攻撃に対して実はPoWというアルゴリズムに対して有効な対策がありません。
モナコインの開発者のワタナベ氏も、「PoWコインである以上は避けられない問題」であるとして、承認数を上げる以外に有効な手段はないとしています。
モナコインの開発者のワタナベ氏はPoSへの以降や、PoWとPoSのハイブリッドなどの改良を考えているとしています。

 

ただし、モナコインの事件によってPoW自体の安全性が真っ先に疑われてしまうかもしれませんが、ブロックタイムを長くしたりすることでセキュリティ面があがったりするなど、対策はあります。

 

今回、標的に遭ったのがモナコインですが、PoWのアルゴリズムを採用しているアルトコインは標的にあう可能性があるということは理解して欲しいです。

 

今後のブロックチェーン技術の更なる改良が求められてきます。

モナコイン(MONACOIN)の価格

今のモナコインの価格です。

モナコインはまさに草コインから大きく価格を上昇させて一時1,800円以上もの高騰を見せました。

 

1,800円を達する1年前までは3円とかだったのを考えるとまさにかなりの高騰と言えるでしょう。モナコインの例があったからこそ、多くの草コインが一攫千金の夢を持つことになったといってもいいでしょう。

 

2018年5月12日の時点では450円前後です。
今回のモナコインハッキング事件から2018年5月18日一時期370円まで下がって400円前後を推移しています。
モナコインが今後価格が上がってくるかどうかは将来性はあるかどうかです。

モナコイン(MONACOIN)の将来性

モナコインが今後上がるかどうかですが、日本のコミュニティが非常に強いのはかなり大きいと思います。

 

特に仮想通貨市場において日本はかなり盛んな国で多くの仮想通貨開発者も日本も重要な国と位置づけています。

 

その中で圧倒的なコミュニティ力があるので期待出来る部分はあります。

 

モナコイン(MONACOIN)のまとめ

モナコインは日本発の仮想通貨であり、コミュニティが非常に大きいだけではなくて世界で始めてのアトミックスワップを成功させたりしています。

 

今後も成長していくのであれば目が離せないコインであることには違いありません。

 

モナコインを購入しようと思ったらビットフライヤーがオススメです。

ビットフライヤーの公式ページへ

この記事を書いた人
針ネズミ

仮想通貨に投資したい!って思って色々なアルトコインを勉強中☆これから始めようと思っている人にも参考になってくれたら嬉しい♪

針ネズミをフォローする
アルトコイン
針ネズミをフォローする
アルトコイン情報まとめサイト~将来性抜群のコイン~

コメント