ネム(NEM)とは?特徴・価格・将来性について

アルトコイン

ネムは2018年の1月に起こった※コインチェックのネム流出盗難事件によって不名誉な形で日本や海外にも広がりを見せました。

 

NEM自体に問題があったわけではありません。

 

正直言うと、コインチェックが起こした580億円流出事件によって仮想通貨業界の発展を大きく妨げたと言っていいでしょう。

 

しかし、これによって取引所の安全面などを改めて考えるようになり、日本の金融庁の取締りなどが強化されたりしました。

 

雨降って地固まるではないですが、これから大きく発展して言って欲しいですよね。

 

とはいえ、ネム(NEM)からしてみれば良い印象ではなくて悪い印象で広まってしまったように思います。

 

しかし、NEM自体はネム盗難事件があったのにも関わらず、時価総額ランキングで20位以内に入っていたり非常に人気の高いアルトコインですので特徴を紹介していきます。

ネム(NEM)の基本情報

 

独自通貨XEM
公式サイトhttp://www.nem.io/
コンセンサスアルゴリズムPoI
発行上限90億枚

ネム(NEM)の特徴

NEMはコインチェックのハッキングによる流出盗難事件において名前だけが先行して伝わってしまった感がありますが、非常に複雑な技術が沢山詰め込まれていてかなり複雑になっています。

 

まずNEMの名前の由来はNew Economy Movement(新しい経済運動)の略で、新しい経済圏を作ることを目的と2015年3月31日から作られています。

 

NEMは、以下の4つの特徴があります。

  1. コンセンサスアルゴリズムにPoI(Proof of Importance)を採用
  2. マイニングの代わりにハーベスト(Harvest)を行う
  3. 送金の時にはメッセージを付けなければならない

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

PoI(Proof of Importance)

NEM(XEM)では、コンセンサスアルゴリズム(取引の承認を誰がするかの決め方)としてPoI(Proof of Importance)というPoS(Proof of Stake)を改良して作られています。

 

針ネズミ
針ネズミ
PoS(Proof of Stake)とは・・・
プルーフオブステークの略であり、保有している通貨の量に比例して取引の承認権を得やすいという仕組みのことを指す。
長く所持していて居ればいるほど多く貰えるのです。

 

ビットコインで有名なPoW(Proof of Work/プルーフオブワーク)は電気代がかかってしまうだけではなくて、機材を投じている人に偏ってしまうというのがありました。

 

またこのPoSではみんなが通貨を溜め込んでしまうという問題もあります。

 

そこでNEMが考案したのがPoIです。

 

PoIではImportance(重要度)という値が高ければ高いほど取引の承認権を得やすいという仕組みになっています。

 

Importanceは保有している通貨の量だけでなく、取引の活発さも考慮して算出されるようになっているため、流動性の低下の問題をある程度解決することができます。これがPoIがPoSより優れいてると言われている点です。

 

また、仲間内で無意味な取引を繰り返すことによって不正にImportanceを上げることができないように取引が活発に行われている集団に対して不正が働いていないかのチェックをし、取引量が多くても無意味に取引を繰り返している時は評価があまり上がらないように対策をしています。

 

ハーベスト

NEMのハーベストとは取引を承認する作業のことでビットコインで言えばマイニングと同じ意味を持ちます。

 

ハーベストには2種類あり、「ローカルハーベスト」と「デリゲートハーベスト」それぞれ説明していきます。

 

○ローカルハーベスト

ローカルハーベストは自分でハーベストを行う方法です。ローカルハーベストを行うためにまずは10,000XEM以上あることが必要です。

 

必ず10,000XEMをNEM公式の「Nano Wallet」というウォレットの中に入れてあり、かつ程度の期間経過していないといけません。

 

この条件を満たした上で、常にパソコンをオンラインにしておくと、時々自分に取引の承認権が回ってきて、パソコンが作業を行います。

 

取引の承認権が回ってくる確率はさっきのImportance(重要度)に比例して増えてきます。

 

約1分間に一度行われて承認するとその1分間に行われた取引の手数料をもらうことができます。

 

●デリゲートハーベスト(委任ハーベスト)
デリゲートハーベストは、スーパーノードと呼ばれる特別なノードにハーベストを委任し、報酬の一部をもらうというハーベストのやり方です。

 

スーパーノードとは、NEMのブロックチェーンをすべて保管しているノードのことを指します。スーパーノードとなるには様々な条件を満たす必要があります。

 

簡単に言えば、高速なインターネット通信が可能、常にインターネットに接続、300万XEM以上を保有、高速な計算が可能な状態でいなくてはいけません。

 

そして、この条件をちゃんと満たしているか1日に4回チェックが入ります。

 

このスーパーノードはハーベストで大きな収入を毎日得られるというわけだけでなく、NEMのシステムを高速にかつ強力に保つというという大きな役割を果たしているという意味合いが強いです。

 

現在は約320XEMが毎日与えられます。

 

ハーベストはマイニングのように大きな電力は必要がないという点があります。

 

送金時にメッセージが必要

NEMの特徴的な機能として、メッセージをつけなくてはいけないというのがあります。

 

ビットコインや他のアルトコインでも、メッセージ機能があるのですが、NEMの場合は必ずメッセージをつけなくてはいけません。

 

メッセージ機能をつけるのはどのアカウントにNEMを送金するかを識別するために必要だからです。

メッセージをつけないで送金してしまうと自分の資産がなくなってしまう可能性がありますので注意しましょう。

ネム(NEM)の価格

今現在のNEMの価格です。

 

ネムは2018年1月4日に約250円に達しましたが、そこから一気に仮想通貨の下落がありました。

 

改めて言いますが、コインチェックによるNEMの盗難流出事件において、NEMは何も悪いことはしていません。しかし、そこから風評被害のあおりを受けて、一時期、20円台まで下がり、そこから2018年の5月21日時点で35円を推移しています。

 

今後NEMの価格が上がるかどうかは将来性があるかどうかにかかっています。

ネム(NEM)の将来性

NEMは今後将来性があるかどうかという点ですが、コインチェックは正式にNEMの取り扱いを中止としましたが、まだ国内取引所ではザイフで取り扱っていますし、別にNEMが悪いわけでもありません。

 

時価総額ランキングでも高い位置にいるため、今後も注目が高まりやすいアルトコインと言えます。

 

ネム(NEM)のまとめ

NEMは国内で取り扱いを行っています。現状利用できる国内の取引所でオススメなのがZaifです。

Zaifに登録する

この記事を書いた人
針ネズミ

仮想通貨に投資したい!って思って色々なアルトコインを勉強中☆これから始めようと思っている人にも参考になってくれたら嬉しい♪

針ネズミをフォローする
アルトコイン
針ネズミをフォローする
アルトコイン情報まとめサイト~将来性抜群のコイン~

コメント