NEO(ネオ)とは?特徴・価格・将来性について

アルトコイン

NEOは中国版のイーサリアムと言われ、スマートコントラクトを備えたアルトコインです。

 

当初はAntshares(アントシェアーズ)という名前だったのですが、2017年6月にNEO(ネオ)に名称を変更しています。

 

個人的な意見としてNEOのほうがかっこいいと思いますし、シンプルで伝わりやすいので言い方向性のリブランディングだなって思いました。

 

そんなNEOの特徴について紹介していきます。

 

NEO(ネオ)の基本情報

 

独自通貨NEO
公式サイトhttps://neo.org/
コンセンサスアルゴリズムPoS(dBFT)
発行上限100,000,000枚

NEO(ネオ)の特徴

2017年はイーサリアムの年だよ!と言われて、イーサリアムがビットコインの次の位置という確固たるポジションになりましたが、では2018年はどんなアルトコインが注目されるのか?といったら色々と候補が上がっていますよね。

 

その中の1つに間違いなく含まれているのがこのNEO(ネオ)です。

 

中国のイーサリアムと言われていますが、イーサリアムよりも優れたところが見られる点が多々あるので紹介していきます。

 

NEOの目指すところというのはNEO内で生活が完結する経済圏。

 

なんだか凄そうだけど、やはりイーサリアムと似ているコンセプトですよね。

 

イーサリアムについて知りたい方はこちら

イーサリアム(Ethereum)とは?特徴と価格と将来性について
アルトコインのイーサリアムとは?特徴と価格と将来性について説明します。ビットコインに変わる基軸通貨と期待されている仮想通貨です。

 

NEOはイーサリアムと同様にスマートコントラクトを備えたオープンプラットフォームの名前です。

 

針ネズミ
針ネズミ

スマートコントラクトとは・・・

契約の自動化(自動実行される契約)という意味。

簡単に言うと仲介業者が居ない状態で金銭のやり取りのほかに契約も一緒に済ませることが出来ると言うこと。

 

基本的にNEOはイーサリアムの後発に誕生してさらに優れていると言う点と巨大資本の”中国産”だからこそ注目されているのです。

チャイナマネーが動く

そもそも中国では自国のお金にそこまで信用を置いていないというのがあります。

 

外貨をもっていたいとか何かしらの投資をしたいと考えている人が多いです。そのため中国では投資が非常に盛んな国とも言われています。

 

そんな中で時価総額ランキングの2位のイーサリアムよりもすごいと触れ込みであれば、中国人が購入してくれたわけです。

 

どの国でも自国の仮想通貨は応援したくなりますよね。

 

そういった意味で中国資本が入りやすいと言うことでNEOは多くの人に購入されたのです。

 

様々な開発言語が使える

NEOとイーサリアムの違いで挙げるのであれば開発言語が使えるか使えないかを挙げたいです。

 

イーサリアムのスマートコントラクトを書くには専用の「Solidity」という言語が使われていますが、この「Solidity」と呼ばれる言語が使えるのはごく一部の人間だけです。

 

そのためイーサリアム上で何か参入したいと思っても言語が使えないと言う大きな壁があります。

 

一方でNEOはC#、Java、VB.Net、F#、およびKotlinといったプログラミングの開発者に多く浸透していて使われている言語ですので、イーサリアムに比べて開発のハードルは圧倒的に低い。

 

そのため、色々な開発者が参入してくることでプラットフォームが活性化していくのです。

 

NEO(ネオ)の価格

今現在のNEO(ネオ)の価格です。

NEOの価格は2018年1月15日に約22,000円ほどの高値を記録して、そこからは徐々に仮想通貨業界の下降と共に下落して、2018年5月19日時点で約6,500前後です。
今後NEOの価格は上昇していくかどうかはNEOに将来性があるかどうかです。

NEO(ネオ)の将来性

NEO(ネオ)に将来性があるのかどうかといったら間違いなく将来性があるアルトコインの1つと言われています。

 

中国の巨大市場で実際にNEOが使われるようになったらどれだけの資金が集まるかは分かりません。

 

大企業と1つパートナー提携が発表されただけでも大きく価格上昇が見込めます。

 

常に動向をチェックしておきたいアルトコインと言えるでしょう。

NEO(ネオ)のまとめ

NEO(ネオ)を購入したいと思ったらまずは国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入して海外の取引所に送金しないといけません。

ビットフライヤーの公式ページへ

NEOを取り扱っている取引所で有名なのがバイナンスです。

取引高の半分以上がバイナンスですのでバイナンスでやり取りをするのがお勧めです。
バイナンスに登録する

この記事を書いた人
針ネズミ

仮想通貨に投資したい!って思って色々なアルトコインを勉強中☆これから始めようと思っている人にも参考になってくれたら嬉しい♪

針ネズミをフォローする
アルトコイン
針ネズミをフォローする
アルトコイン情報まとめサイト~将来性抜群のコイン~

コメント