リップル(Ripple/XRP)とは?特徴と価格と将来性について

アルトコイン

日本人に特に人気のアルトコインのリップルはとても人気が高いです。

 

特にリップルを保有している人を「リップラー」と言うほど熱烈な一種の信者レベルの人もいるほどです。

 

なぜそこまで投資者から熱い視線を浴びているのかリップルの特徴や価格、将来性について説明します。

 

リップル(Ripple/XRP)の基本情報

 

独自通貨XRP(エックスアールピー)
公式サイトhttps://ripple.com/xrp/
開発組織Ripple Labs, INC.
コンセンサスアルゴリズムProof of Consensus
発行上限1000億XRP

 

 

リップル(Ripple/XRP)の特徴

リップル(Ripple)は単に仮想通貨のことを指すのではなくて世界で唯一の法人向け国際送金ブロックチェーンソリューションを目指していて、分散型台帳技術を利用した即時グロス決済システムで使われる通貨がxrpになるのです。

 

ちょっと何言っているかわからないって言う人がほとんどだと思いますが、ようはもはや時代遅れとなった送金インフラを改善してスムーズかつスピーディかつ安全に送れるようにしていこうとしているのがリップルの送金システムです。
そんなリップルが目指すシステムというのが、

  • 低コスト
  • 1秒あたりの処理件数
  • 取引の高速性

です。

 

今までの銀行のシステムでかかっていたのが3日~5日かかっていたものが、リップルではなんと4秒で完了します。

 

また他の仮想通貨と比べても非常に早くビットコインで1時間、イーサリアムで2分かかることを比べるといかに取引が早いのかがわかると思います。

1秒あたりの処理件数は非常に早くリップルは24時間365日一貫して、毎秒1500件の取引を処理することが出来ます。

 

もはやその処理スピードはVisaカードのシステムと同等の処理を行うまでになっています。

※ Visaカードのシステムは平均約4000~6000tps(トランザクション/秒)

 

世界中の銀行で採用されつつある

 

もはや旧体制の銀行システムには昔から問題視されていました。

 

国際化の流れの中で明らかに銀行は送金などに時間がかかるだけではなくて手数料などもかかっていました。

 

そこに一石を投じたのがリップルの送金システムです。

 

国際的にどんどん採用されてきており、これまでにリップルを用いた銀行間国際決済の試験を実施した銀行はかなりのものになります。

  • バークレイズ
  • BMOファイナンシャル
  • グループカナダ帝国商業銀行インテーザ
  • サンパオロマッコーリー
  • グループナショナルオーストラリア銀行 (NAB)
  • ナティクシス
  • ノルデア銀行
  • カナダロイヤル銀行(RBC)
  • サンタンデール銀行
  • ノヴァ・スコシア銀行
  • ウエストパック銀行

銀行名を羅列されてもぶっちゃけどれだけ大きいのかも分かりませんし、銀行に対する評価と言うのは国ごとに信頼はかなり違っているのでこれだけでおお!リップルすげぇ!!っていうのは安易ですが、確実に国際送金システムの中ではリップルは一歩も二歩も進んでいると言えます。

 

リップル(Ripple)の価格

リップルの価格をまずは把握しておきましょう。

 

リップルの時価総額は2018年4月18日時点でビットコイン・イーサリアムに次いで3位についています。

リップルの価格が、2018年1月4日には400円を突破しました。

 

世界中から注目されているのが分かりますよね。

 

そこから仮想通貨市場全体の下落に伴い、2018年4月18日時点では73円前後となっています。

 

リップルに将来性があるのかどうかを見ていきましょう。

リップル(Ripple/XRP)の将来性

リップルは今後価格が上がっていくのかどうか?と言う点ですが、もはやこれほどまでに世界中から注目されてきており、時価総額も3位につけているので着実に将来性はあると言えます。

 

ただし、気になる点もあります。

  • リップルはあくまでも銀行システムの置き換えで決済システム
  • リップルはあくまでもブリッジ通貨に過ぎない

 

広く金融決済で使われるようになっても、決済はそれぞれの通貨建てで行われます。

 

銀行などでは仮想通貨のリップルとして保持するのではなくて最後に法定通貨に変わるわけで、リップルの価値と言うのは実質いくらでも良いのです。

 

じゃあ将来価格は上がらないの?と思うかもしれませんが、世界的な送金問題を解決するプロジェクトは日本だけではなくて世界中から注目されているわけです。

 

これからもどんどんこの決済は広まっていくので自然と使われるようになれば価値は上がっていきます。

 

仮想通貨は未だに投機の域を出ないと言われていますが、リップルは国際送金システムというしっかりとした土台があるので投資と捉える価値は十分すぎるほどあります。

 

つまり爆発的に一気に何十倍、何百倍になるかゼロになるかの博打ではなくて、安定した積立が出来る通貨と言えるでしょう。

 

とはいえ400円まで再び達した場合の上昇率を見るとかなり期待できる投資ともいえます。

 

リップル(Ripple/XRP)のまとめ

 

仮想通貨の中で明確なビジョンがあり、それに向けて世界中でシステムが使われているリップルのシステムは今後も常に注目されていく通貨の1つです。

 

仮想通貨に投資をしてみたいけどリスクを背負いたくないという人に向いているのがリップルと言えるでしょう。

ビットフライヤーの公式ページへ

この記事を書いた人
針ネズミ

仮想通貨に投資したい!って思って色々なアルトコインを勉強中☆これから始めようと思っている人にも参考になってくれたら嬉しい♪

針ネズミをフォローする
アルトコイン
針ネズミをフォローする
アルトコイン情報まとめサイト~将来性抜群のコイン~

コメント