トロン(TRON)とは?特徴・価格・将来性について

アルトコイン

仮想通貨業界の中でもかなり注目を浴びているアルトコインと言えばトロンです。

 

エンタメ業界に特化した仮想通貨であり、クリエイターを応援する目的で開発が進めている通貨です。

 

トロンはいい意味でも悪い意味でも注目されている仮想通貨ですので特徴を紹介していきます。

 

トロン(TRON)の基本情報

 

独自通貨TRX
公式サイトhttps://tron.network/enindex.html
コンセンサスアルゴリズムPoS
発行上限1000億枚

トロン(TRON)の特徴

まず最初に今は世界中で大企業に勤めるだけではなくて個人で得意なことを副業にしたり独立をする人が増えてきました。

 

それの最たるものがクエリエイターでしょう。

 

近年インターネットの発達により個人で創作活動を行うクリエーターが増加しているのですが、そういったクリエイターの多くが中間のマージンを摂られているわけです。

 

他には勝手に利用されていたり、無断転載されています。

 

それではせっかくの努力して培ってきたものが無駄になってしまうわけです。

 

トロンのプラットフォームではデジタルコンテンツをブロックチェーン上に記載をすることで著作権の権利を保障して、トロンを支払うことで自由に売買が出来ることで、正当な評価と報酬を得ることを目指しています。

 

さらに分散型ストレージによって多くのコンテンツがアップロードをする事が可能であり、ストレージ管理のリスクを分散・軽減することにもなるのです。

 

クリエイターの仕事に就いている人は応援をしたくなる仮想通貨と言えるでしょう。

開発者のジャスティン・サン

トロンの開発者がジャスティン・サン(Justin Sun)氏はかなり有望な人物です。

 

仮想通貨トロンはジハン・ウー氏も投資していることで有名です。

 

ジハン・ウー氏はビットコインを採掘するASCIチップを開発するマイニング企業:BITMAINの共同設立者でもあり、かつ世界で最も多くのビットコインを採掘しているアントプール(AntPool)の社長でもあります。

 

ジャスティン・サンはツイッターのフォロワー数が35万人を超えていて非常に影響力のある人物で積極的にツイッターでトロンの情報発信をしています。

 

ジャスティン・サンはサン氏は「Peiwo」という中国の音楽ストリーミングサービスのCEOも務めています。

Peiwoは日本で中国版「Showroom」とも形容され、利用者数は1千万人を超えていて若くして成功を収めている若手実業家です。

 

さらにジャスティン・サンは雑誌Forbesが選ぶ30歳以下の30人に3度も選出されていたり、中国イーコマース大手アリババのジャック・マー会長に招待されて同氏が起業家向けに創立した湖畔大学で特別講義を受けています。

 

今後注目の実業家と言われていて世界中から注目されています。

 

自転車シェアリングサービス「OBIKE」と提携

トロンは、シンガポール発の自転車シェアリングサービス「OBIKE」に導入されることが決定しています。

 

日本では自転車のシェアリングサービスというのはそこまで馴染みのないサービスと言えますが、「OBIKE」はアジアを中心に、ヨーロッパやオーストラリアなど世界20ヵ国で利用されており、登録者はすでに1,000万人を突破していているサービスであり、かなり大きな提携と言えます。

 

マカフィー砲が炸裂

仮想通貨界隈で世界中に影響力を与えていると言われているのがジョン・マカフィー氏です。

 

セキュリティソフトで非常に有名なMcAfee(マカフィー)社の創始者であるジョン・マカフィー氏がツイッターで呟いたことで一気に価値が高まりました。


世界的インフルエンサーからの発言でも注目されて価格が上がりました。

 

 

そんなトロンですが、実は未だに詐欺疑惑が起きています。

 

トロンの詐欺疑惑とは?

非常に素晴らしい人物が多くの人を救い、今の現代社会にマッチした仮想通貨であることは間違いないのですが、一部の人から詐欺ではないのか?という指摘があるるので説明します。

 

【ホワイトペーパー盗作疑惑】

トロンのホワイトペーパーには盗作疑惑がかけられています。

 

針ネズミ
針ネズミ

ホワイトペーパーとは・・・
仮想通貨の企画や構想。また技術的な内容がかかれている事が多く、特に仮想通貨発行前に仮想通貨を知ってもらう為の公開文書のようなものです。

発端は、2018年1月8日に両ホワイトペーパーの共著者であるJuan Benet氏がツイッターでトロンの英語版ホワイトペーパーの少なくとも9ページ分が、IPFSとFilecoin(ファイルコイン/FIL)のホワイトペーパーからの盗作であると指摘しました。

ただし、一字一句違わぬコピーのようなものではないが、構成や表記、言い回しが明らかに酷似しているといった伝え方をしています。

これに対してジャスティンサンは英語版をはじめとして外国語版はオリジナルバージョンである中国語版をボランティアが翻訳したものであるため、その過程でミスが生じたといっており、盗作を否定しています。

 

ただし、公式ページからは英語版だけでなく中国語版のホワイトペーパーまでもすべて削除されています。

 

さらにホワイトペーパーにはトロンのブロックチェーン自体についての記載がほとんど無いのも怪しいという指摘をする人もいました。

 

これに対して最新の情報はGithubを参照してほしいとも言っています。

Githubとは誰でも自由に自分が書いたプログラムコードやデザインデータなどを保存・公開することができるWebサービス。

ICOを行う予定のプロジェクトの多くがギットハブでプログラムコードを公開しています。

ホワイトペーパーに記載がないと指摘されましたが、ほぼ毎日何らかの更新が加えられているのですが、プロダクトが全く進んでおらず、何の機能もないと指摘をする人もいます。

 

トロンのロードマップによると開発完了にかなりの時間がかかる予定です。

 

1 エクソダス(2017年8月〜2018年12月)―データの自由化
コンテンツに基づいたP2Pでのアップロード、ストレージ、および配布の仕組み、すなわち分散型ストレージの土台を作る。
ユーザーはデータ出版やストレージ、配布のための完全に自由で信頼できるプラットフォームを使用可能になる。

2 オデッセイ(2019年1月〜2020年6月)―コンテンツへの権限付与
コンテンツの提供者に適切な報酬が付与されるようになる(TRXをトロンネットワーク上で使えるようにする)。

3 グレートボヤージュ(2020年7月〜2021年7月)―個人によるICOを可能に
ブロックチェーン技術を使って、コンテンツ提供者の所得の測定、TRX保有者への配当の支払い、サポーターの管理という3つの主要な問題を解決し、「ファンエコノミー」から「ファンファイナンス」への転換を図る。

4 アポロ(2021年8月〜2023年3月)―分散型取引プラットフォームの構築
ユーザーによる独自トークン発行を可能にするために、分散型取引のプラットフォームを完全整備して価値交換を容易にする。

5 スタートレック(2023年4月〜2025年9月)―ゲームコンテンツの分散化と市場予想
ゲーム開発者が、トロンを通じて自由にオンラインゲームプラットフォームを構築できるようにする。

6 エタニティ(2025年9月〜2027年9月)―分散化されたゲーム
ゲーム開発者が、TRONを通じてゲームプラットフォームを自由に設計し、ゲーム開発のための資金をクラウドファンディングにより確保し、一般投資家がゲームに投資することを可能にする。

2018年1月23日に、エクソダスの完成が発表されたのでかなり前倒しで計画が進んでいるとようです。

 

ただし、プラットフォームの完了予定が2027年9月とかなり先のことですので、本当に完了するかどうかというのは当然疑惑の対象になってしまうのかもしれません。

 

それでもかなりの人気がある通貨であることは変わりありません。

 

日本のインフルエンサーも注目

ツイッターなどで多くの人がトロンについても言及をしています。

 

その中でもトロン教団というのが非常に人気で面白おかしくトロンを紹介してくれています。

 

時に面白おかしくしすぎてトロンの運営から釘を刺されることもあります。

トロンが興味あるのであれば必ず注目しておきたい教団??と言えるでしょう。

 

トロン(TRON)の価格

今現在のトロンの価格です。

仮想通貨ブームも相まってトロンは急騰しました。
しかし、盗作疑惑が出たり、さらに仮想通貨全体が下降した影響も受けてヨコヨコの推移となっています。
これからトロンは再び注目されるかどうかは将来性があるかどうかです。

トロン(TRON)の将来性

トロンの将来性があるかどうかですが、将来性はあると思います。

 

というのも開発者のジャスティンサン氏の最大の武器といえるのはインフルエンサーでもなく、技術力ではなくて、人脈です。

 

しかも、きちんと「Peiwo」というサービスを作り上げた実力者でもあります。

 

これから先、その人脈を活かした提携などはジャスティンサン氏も考えていると思います。

 

また数々の取引所にも上場しているので何か1つ大きな会社と提携(アリババとの提携が一時ツイッターで流れたこともある)があれば大きく変動することが予想されます。

 

さらに日本市場にもジャスティンサン氏は注目しているので日本で上場されたら価格は上がっていくことでしょう。

トロン(TRON)のまとめ

たしかな実力と人脈を活かした戦略でエンタメ系の仮想通貨に特化したトロンは今後注目のアルトコインであることは変わりありません。

 

いづれ日本でも取引されるかもしれませんが、2018年5月12日時点ではまだ海外の取引所でしか購入できませんのでまずは日本の取引所に登録した後に海外の取引所に送金して購入する必要があります。

 

まず日本の取引所ならばビットフライヤーの登録がお勧めです。

ビットフライヤーの公式ページへ

トロンを取り扱っている海外の取引所でオススメは世界No.1取引所と言われているバイナンスがお勧めです。
バイナンスに登録する

この記事を書いた人
針ネズミ

仮想通貨に投資したい!って思って色々なアルトコインを勉強中☆これから始めようと思っている人にも参考になってくれたら嬉しい♪

針ネズミをフォローする
アルトコイン
針ネズミをフォローする
アルトコイン情報まとめサイト~将来性抜群のコイン~

コメント