コールドウォレットで仮想通貨をハッキングから安全に守る方法

仮想通貨基本情報

今の時代は自分で自分の資産を守らなければいけません。

 

自分の資産を他人任せにするということの怖さを把握しましょう。

取引所のハッキングが多発

仮想通貨は2017年の12月に大きく上昇して、このままどんどん上昇していくのか?と思いきやそこから1月に大幅に下落をしました。

 

その主な原因として上がったのが取引所がハッキング事件です。

 

日本は仮想通貨の投資をする人が非常に大きくその中で日本でも非常に有名で1位・2位を争う取引所、コインチェックがハッキングを受けてNEM流出事件が起こりました。

 

これまでにも大きな取引所がハッキングされて大幅に仮想通貨が価値が下落しました。仮想通貨自体ではなくてその周りによって大幅に下落をしたのです。

 

コインチェックの被害総額は580億円と言うことにもなり、これまでに起こった仮想通貨に関するニュースで最悪のニュースとなりました。

 

これによって多くの投資家が去り、仮想通貨業界の発展を著しく妨げたことは明白であり、許されざることでもあります。

 

またかなり管理も杜撰(ずさん)であり、例を例えれば銀行の金庫に保管をしていますと言っておきながら、じつは窓口にお金を置いていたようなものです。

 

もちろんハッキングをした犯人が一番悪いことには変わりありません。

 

しかし、やはり資産を預かる場所な訳ですからしっかりと最低限の管理だけはして欲しいと思いますよね。

 

またコインチェックだけではなくてこれまでに多くの取引所にハッキングがあったり、取引所自体にバグや不備が立て続けに発覚しました。

 

ハッキング事件などをきっかけに国内取引所に関してはかなり厳しい管理体制が敷かれるということもあり、長期的に見れば悪い膿が出たと思っていいのかもしれません。

 

取引所に資産を当たり前のように置いている人が多いですが、まずは自分の資産を他に任せておくようなことはせずにしっかりと自分の資産は自分で守るようにしましょう。

 

ここではどのようにして資産を守ればいいのかを説明していきたいと思います。

 

ウォレットの管理の仕方

自分の資産を守る為には取引所に置いておくだけではなくて適切な場所に管理をしておきましょう。

 

そもそもウォレットというのは日本語で示すと「財布」の意味であり、仮想通貨を保管する場所のことを指します。

 

そんなウォレットには2種類あるので覚えておきましょう。

 

ホットウォレットとは・・・常時インターネット接続された環境にあるウォレット
コールドウォレットとは・・・インターネットとは完全に切り離されたウォレット

 

どちらにせよ財布(ウォレット)で管理することが大事です。

 

秘密鍵について

ウォレットで自分の資産を管理しておくことで最も大切なこととして秘密鍵と言うものがあります。

 

とても重要なものであり、絶対に他人はもちろんのこと場合によっては家族であっても教えないようにしましょう。

 

秘密鍵と言うのはランダムに選ばれる数値であり、この秘密鍵は銀行の暗証番号のような役割を担っています。

 

つまり秘密鍵を教えると言うことは銀行の暗証番号を教えているようなものです。

 

さらに絶対に無くしてはいけません。大事なことなので二回言います。

 

絶対に無くさないようにしてください。

 

「紛失しても結局なんとかなるんでしょ?」って思うかもしれませんがどうにもなりません。

 

そのため秘密鍵に関してはPC内の不正アクセスのリスクも踏まえて紙ベースでも管理をして2重・3重で保存をしておくようにしましょう。

 

ホットウォレットのメリット・デメリット

先ほども伝えましたが、ホットウォレットは常時インターネット接続された環境にあるウォレットです。

メリットとしては送受金、残高確認がインターネットに接続されているので簡単に確認できたり、手軽に行うことが出来ます。

 

また利用方法も簡単にです。

 

デメリットとしては安全性がインターネットに常時接続されている為にそのホットウォレットにハッキングされてしまったり、PCがウイルスに感染されてウォレットのログイン情報を盗まれてしまうと言う可能性もあります。

 

デイトレーダーやある程度頻繁にトレードをする人ならばともかく購入したら1年、2年などの長期的な投資を目指していたり、高額に資金を置いている人には向いていないと言えます。

 

取引所と同じように預けている場所がネット上で変わりませんので多くの人が集めていたら当然標的になる可能性もあります。

 

とりあえず高額な投資をしている人は預けないほうがいいでしょう。

 

コールドウォレットのメリット・デメリット

 

コールドウォレットはインターネットから完全に切り離されたウォレットです。

 

メリットとしては安全性が高いと言うことであり、インターネットと繋がっていないオフラインの為にハッキングによって盗まれると言うことはありません。

 

安全第一で高額資産を保有している人はコールドウォレットで保管をすることが絶対です。

 

デメリットとしては支払いなどに時間がかかるという点や頻繁に取引するトレーダーには向いていないと言うことです。

 

またハード自体(パソコンやUSB端末等)が紛失、破損してしまって使えなくなってしまったら資産がなくなってしまうということもあります。

 

安全第一であればコールドウォレットがオススメですが、USBなどに保存をしている人は家の中の金庫に預けるぐらいに念には念を入れておく必要があります。

 

まとめ

取引所のハッキングが多発したことで、資産管理に対して改めて危機感を持つことが重要になりました。

 

資産を簡単に預けておくということはかなり安易です。

 

ハッキングされて盗まれてしまったものはほとんどのケースでお金が戻ってこず、泣き寝入りすることがほとんどです。

 

また他の国と比べて日本のセキュリティ技術はかなり甘く標的にされやすいとさえ言われています。

 

大切なお金を管理するためにも誰かに頼るのではなくて自分で管理をすることが大切です。

 

取引所の資産管理も金融庁などが介入すると言うこともあって安全面は確かにありましたが、それでも100%安全と言うことはありませんから決して取引所に預けっぱなしにしないようにしましょう。

 

この記事を書いた人
針ネズミ

仮想通貨に投資したい!って思って色々なアルトコインを勉強中☆これから始めようと思っている人にも参考になってくれたら嬉しい♪

針ネズミをフォローする
仮想通貨基本情報
針ネズミをフォローする
アルトコイン情報まとめサイト~将来性抜群のコイン~

コメント