仮想通貨投資において必要不可欠な二段階認証のやり方と手順

仮想通貨基本情報

日本のセキュリティに関する意識は先進国の中でもかなり低いです。

 

そもそも日本が世界でも有数の安全な国です。

 

だからこそ危機管理能力は著しく他の国と比べると足りていないと言われています。

 

仮想通貨に投資をしようと思ったら必ず取引所に登録をする必要があります。

 

しかし、その時に絶対にしておかなければいけないのが二段階認証です。

 

二段階認証は必要最低限自分の資産を守る上で絶対にしておかなければいけません。

 

二段階認証と言うのを仮想通貨投資を始めてから初めて知ったと言う人も多いでしょうからやり方を説明します。

 

また必ずこの二段階認証は絶対にバックアップを取っておくようにしましょう。

 

『面倒だからいいよ!』って思ったり『何だかんだいって取引所が保証してくれるんでしょ?』って思っている人が多いですが、それは二段階認証をした上で破られた場合に限ります。

 

二段階認証の設定をしないでパスワードを破られてお金が盗まれてしまった場合は取引所も対応してくれませんので気をつけましょう。

 

多くの日本人がパスワードをしっかりとしていけば大丈夫と思ってしまいがちですが、もはやパスワードだけでは簡単に破られてしまうと言うことを頭に入れておかなければいけないのです。

 

といっても二段階認証はそこまで面倒でもなんでもないですのではじめての人でもゆっくりと1つ1つ行っていけばできるはずですし、1回出来れば後はもう問題ないはずですので、ネットが苦手だし、分からないからと言って自分の資産を守るためにはしておかなければいけないのです。

 

不正送金の事件が多発

どの取引所であろうとも二段階認証は必ず推奨していますし、もはやしなくてはいけない事になっています。

日本経済新聞の発表によると

日本経済新聞の記事によると不正送金は認知件数で122件も発生しており、被害総額は約6億6240円にも上ります。

そのうちの実に8割以上がログイン時にIDとパスワード以外の要素も取り入れた2要素認証を設定していないということです。

 

これだけ多くの被害金額に達しており、ツイッターなどをはじめとしたSNSで被害に遭ったという報告がされているのにも関わらず、面倒だからという理由でやらないのは危機管理の意識が低いと言わざるを得ません。

 

何度も言いますが、二段階認証をしていないで取引所預けていた資産は取り戻せないですし、取引所も相手にしてくれません。

 

二段階認証をして破られてしまったと言う人だけが保証の対象です。裏を返せば二段階認証はそれだけハッキングされる可能性が低い優れたセキュリティを誇ると思っていいでしょう。

 

Google Authenticatorの使い方

二段階認証がどれだけ大事か分かっていただけたかと思いますので早速やり方を説明します。

二段階認証は必ずしなくてはいけないということが分かったと思いますので早速やり方を説明します。

 

二段階認証にはスマートフォンアプリを使用しますが最も多くの人が利用しているのが「Google Authenticator」です。

 

まずはスマホからダウンロードして下さい。

Google Authenticator

Google Authenticator
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

アプリをダウンロードしたら開きましょう。


赤丸で囲まれた「+」をクリックします。

  • バーコードをスキャン
  • 手動で入力

の2つがありますが、基本は『バーコードをスキャン』をタップして下さい。

 

タップするとQRコードのスキャン画面が表示されますのでQRコードを読み取って下さい。

 

※数字は30秒ごとに変わります。

 

携帯の紛失に注意!バックアップを必ずしておく

二段階認証の設定はスマホアプリを使ってログインする必要がありますが、万が一スマホを落としてなくしてしまったり、壊してしまって起動しなくなってしまったとなれば取引所にログインできなくなります。

 

QRコードで読み取って登録をしたログイン情報を持っておかないとログインできずにそのままになってしまいます。

 

国内の取引所ならばまだ事情を説明をして本人と証明できれば対応をしてくれる可能性があるかもしれませんが、海外の取引所を利用していた場合は取り返しがつかないので必ずバックアップを用意しておきましょう。

バックアップを行う

 

一部の取引所ではバックアップキーという16桁の文字が発行されているところもあります。

 

QRコードだけではなくて念のため両方とも保存しておきましょう。

 

スクリーンショットでQRコードを保存をしておくやり方やスマホで写真で残しておくと言うのもあります。

 

出来る事ならばパソコンの中に最低1つ、紙媒体で1つ、出きる事ならばUSBにも保存をしておくのがベストです。

 

そこまでしなくちゃいけないの?って思うかもしれませんが、自分の資産を守るためです。

 

保存さえしておけば逆に安全ですから備えあれば憂い無しとも言います。

 

何度もすることではなくてたった一度の保存だけ済ませてしまえばいいだけですので面倒と思わずにリスクを減らすという意識で行いましょう。

 

国内取引所それぞれにある二段階認証

取り扱っている仮想通貨の銘柄が違うため様々な取引所に使い分けている人もいます。

 

その場合はそれぞれに二段階認証を行う必要があります。

ビットフライヤーでの二段階認証設定

下の図のように①②③の順にクリックをして二段階認証を設定ページに進みます。▼

 

暗証番号を入力すると登録したメールアドレスに確認コードが送られてくるので送られてきた数字を入力してください。

 

※早く入力をしないと無効になってしまいますので放置せずに届いたらすぐに入力をしましょう。▼

 

続いて認証アプリと使用する時の設定をします。

  • ログイン時
  • 外部アドレスの登録時
  • 日本円の出金時

三つの項目がありますが、全てにチェックボタンを押して設定しておきましょう。▼

 

「次へ」を押したら二段階認証設定画面になるので、Google AuthenticatorでQRコードを読み取って6桁の番号を入力します。

 

また二段階認証設定画面に移ったら写メで残したり、番号を残したりパソコンの[Print Screen]で保存をしておきましょう。▼

 

QUOINEでの二段階認証設定

 

ログインしたら上図の左上の赤枠で囲まれたところをクリックします。▼

 

メニューが開きますのでメニューの下にある二段階認証をクリックします。▼

 

QRコードを読み取って認証コードを登録したら完了です。▼

必ずバックアップを忘れないで保存をしておきましょう。

Zaifでの二段階認証設定

Zaifにログインした後に下図の①アカウントをクリックし、②セキュリティの中の③二段階認証をクリックします。▼

 

二段階認証を行うことで登録が完了となりますがバックアップを忘れないようにしましょう。

 

コインチェックでの二段階認証設定

ログインをしたら下図の①ウォレット②設定③二段階認証の順に従ってクリックして下さい。▼

 

設定をするをクリックします。▼

画面のQRコードを読み取れば登録が完了ですが、必ずバックアップを忘れないようにしましょう。▼

まとめ

セキュリティの基本中の基本でもある二段階認証は必ずしなければいけません。

 

何度もいいますが、推奨ではなく必ずしなければいけないことです。

 

自分の資産が無くなっても良いという人は二段階認証をしなくてもいいかもしれませんが、そんな人はいませんよね。

 

無くなってから後悔をしても遅いです。

 

また二段階認証をする際のQRコードの画面や16桁の数字などが表示されている画面では必ずメモをする、写メを撮る、[Print Screen]で保存する、USBに残しておくなど色々な形で出来うる限り保存をしておいた方がいいでしょう。

 

これだけして居ればまず安全面は確保されると思って行いましょう。

この記事を書いた人
針ネズミ

仮想通貨に投資したい!って思って色々なアルトコインを勉強中☆これから始めようと思っている人にも参考になってくれたら嬉しい♪

針ネズミをフォローする
仮想通貨基本情報
針ネズミをフォローする
アルトコイン情報まとめサイト~将来性抜群のコイン~

コメント