仮想通貨でよく聞くハードフォークを分かりやすく説明

仮想通貨基本情報

仮想通貨で投資を行っていたら分かると思いますが、ビットコインが絶大な人気を誇っていますよね。

 

これからの時代はアルトコインだ!って言われていますが、まだまだビットコインがこの仮想通貨業界を引っ張って言っています。

 

基軸通貨だからとか、やはり最初の仮想通貨と言うブランド力があるからとも言われていますが、もう1つの理由としてあるのが「ハードフォーク」です。

 

このハードフォークと言う言葉をよく聞くと思いますし、この言葉で通貨の価値がぐんと上がることでしょう。

 

あまり詳しくないと言う人に向けてここで紹介していきます。

 

ハードフォークってなに?

ハードフォークは通貨が分裂するって思っている人もいるでしょう。しかし、その考えだけだと説明不足です。

 

仮想通貨のルールを変える際に今までのルールを無視して新しいルールを適用することを指し、これまでの旧ルールの互換性がなくなることです。

 

仮想通貨と言うのはブロックチェーンで成り立っています。

 

そのためハードフォークを知る前にブロックチェーンについて把握しておかないといけません。

ブロックチェインって何?今さら聞けない仮想通貨の基本情報
ブロックチェインって何?今さら聞けない仮想通貨の基本情報について説明します。ブロックチェーンは仮想通貨の根幹なのでしっかりと覚えましょう。

仮想通貨の仕様を変更するためには2つのやり方があります。

「ソフトフォーク」と『ハードフォーク』です。

 

 ソフトフォークとは・・・全ての仕様を変更し以前の仕様も使えるままにする方法
 ハードフォークとは・・・新仕様を採用しそれまでの旧仕様は無視をする方法

 

文章だけだと難しいのでイメージは以下の図を参照してください。▼

ハードフォークと言うのは完全に仕様がかわるため旧仕様と互換性がなくなるので全く新しい通貨と言うことでもあります。

 

だったら別にハードフォークではなくて新しい通貨なんだったらそんなに驚くべきことではないでしょう?って思うかもしれませんが仮想通貨の場合はハードフォークが行われた場合、事実上「旧仕様」と「新仕様」どちらの仮想通貨も手に入れておくことが出来るのです。

※後に消滅するかどうかは別として

 

良くあるのがビットコインがハードフォークして「ビットコインキャッシュ」が誕生しましたよね。

 

またイーサリアムもハードフォークをして「イーサリアムクラシック」が生まれました。

 

ハードフォークをした場合、最初に持っていた通貨と同等の枚数を手に入れることができるのです。

 

価値は違いますが、無料で新しい通貨を貰えるということで、資産も増えます。

 

そうなれば当然ハードフォークが行われる前に手に入れておきたいと言うことで旧コインの値段も当然上がるわけです。

 

 

何でハードフォークをするの?

ハードフォークをなぜする必要があるのか?って思いますよね。

 

理由としては技術革新や通貨の利用環境をよくする為の問題解決や機能向上といった形でハードフォークが行われます。

 

ハードフォークと言えばビットコインやイーサリアムがありましたが、この両通貨ともにスケーラビリティが問題視されていました。

スケーラビリティとは・・・ユーザー数と取引量が増えることで取引情報の証明が追いつかなくなり、取引が遅延したり手数料が高騰する等の問題

 

そもそも仮想通貨のメリットとして手数料が安くすぐに送る事が出来ることなのにも関わらず、スケーラビリティによって遅延があったり、手数料が高騰してしまったら意味がないですよね。

そういった問題を解決する為にハードフォークが行われます。

 

また運営同士が今後通貨をどのように成長させていくのかといった議論が行われるわけです。

 

その際に話が衝突してしまってこじれてしまった時に、だったらハードフォークをすればいいんじゃない?って流れにもなっていきます。

 

もちろんハードフォークをするメリットは資産が増えるということですから投資家たちにもあります。

 

ハードフォークして得られる枚数と言うのは保有数に応じてフォークコインが無料付与されます。

 

例えば1BTC所有していた場合、ビットコインがハードフォークが行われた場合、同量のコインが貰えます。

 

ハードフォークされたコインの値が上がれば上がるほど資産が増えますし、下がってもタダで貰ったものですから資産家としては痛くもかゆくも無いわけです。

 

運営がなぜ無料付与を行うのかというと広告宣伝にもなり広く知れ渡りますよね。

 

持っているだけで資産が増やせるとなれば誰だってそこに目が行くわけです。

 

もっと言ってしまえばハードフォークをする通貨と言うのはそれなりに有名でないと意味がありません。

 

有名通貨がハードフォークをされるとなればハードフォークされた新通貨にも期待がかかるので値上がりするのです。

 

昔では”ハードフォーク”は禁じ手扱いされていましたが、今では皆が喜ぶからどんどんやっていこうという風潮になっています。

 

特にビットコインではハードフォークがどんどん行われる予定です。

これまでに行われたのが

  • ビットコインキャッシュ
  • ビットコインゴールド
  • ビットコインダイヤモンド
  • ビットコインプラチナム

です。

 

そして今後50回以上もハードフォークが行われるのではないか?と言われています。

 

しかし、さすがに50回はオーバーな表現であり、そこまでしたら飽和状態となってしまい、価値は上がらないのでそこまではしないと思います。

 

ですが、ビットコインが仮想通貨の王であり続ける限りはハードフォークされる分には取り残しが無い様にしたいですよね。

 

フォークコインの貰い方

ハードフォークは今後も行われることが予想されます。

 

またビットコインやイーサリアムだけではなくて新しい通貨もハードフォーク化が進むかもしれません。

 

ではハードフォークされたフォークコインをどのようにしておけば貰えるのか?って思いますが、それは実は取引所によって変わります。

 

フォークコインを上場させると言っている取引所に預けておきさえすれば自動で配布される予定なんです。

 

そして仮想通貨取引所で今後も『全てのフォークコインを付与する』と公式で発言しているのが世界NO.1の取引実績を誇っているBinanceです。

 

とりあえずビットコインが新しくハードフォークすると発表があったらBinanceにビットコインを預けておけば問題ありません。

 

基本的にBinanceに預けておくとハードフォークの通貨が自動で付与されます。

 

Binanceの公式ページへ

まとめ

ハードフォークをするのは今のままでは問題が解決しないことを解決するよりよい通貨とするための対策です。

 

そして最も投資家にとって大事なことはハードフォークが実地されると言うことは必然的に旧コインの価格も上がります。

 

理由としては保有しておけば資産が自動で増えるので少しでも資産が増えるように買い増しをするため、価値が高まります。

 

貰える量としては保有量に対し1対1の割合でもらえます。

 

必ずハードフォークを取り扱う取引所に預けておくことが必要ですので覚えておきましょう。

 

預けておくだけで通貨を受け取ることが出来ます。

 

そして基本的にBinanceに預けておけば大丈夫です。

 

Binanceに通貨を送るためには日本の取引所で通貨を購入する必要があるので最初に日本の取引所に登録をしましょう。

 
ビットフライヤーの公式ページへ

この記事を書いた人
針ネズミ

仮想通貨に投資したい!って思って色々なアルトコインを勉強中☆これから始めようと思っている人にも参考になってくれたら嬉しい♪

針ネズミをフォローする
仮想通貨基本情報
針ネズミをフォローする
アルトコイン情報まとめサイト~将来性抜群のコイン~

コメント