イーサリアムウォレットの定番MyEtherWalletの登録方法と使い方

仮想通貨基本情報

イーサリアムウォレットと言えばほとんどの方が利用している「MyEtherWallet」について説明していきます。

 

仮想通貨を始めようと思っている人は必ずイーサリアムウォレットを使うことに遅かれ早かれなると思いますので早めに登録を済ませてしまいましょう。

 

イーサリアムウォレットってそもそも何?

イーサリアムという仮想通貨は時価総額ランキングでビットコインに次ぐ2位の位置であり、スマートコントラクト技術を取り入れるなど、将来性と柔軟性の高い暗号通貨です。

 

よく「イーサリアムベースの仮想通貨」というのを聞いたことがあると思いますが、それだけ柔軟性が高い仮想通貨で応用が利くのです。

 

イーサリアムを多く保有していると言う人もいると思いますが、取引所に置いていたときにハッキングされてしまって通貨が盗まれてしまうことだってあります。

 

自分の資産は自分でしっかりと管理していくのがこれからの時代では必要不可欠です。仮想通貨の取引所はやはり日本も制度がしっかりと出来て変わるかもしれませんが、真っ先にハッキングの標的にされやすいと言えます。

 

自分の資産を守る為にウォレットで管理するようにしましょう。

 

ウォレットには2種類あります。

ホットウォレットとは・・・常時インターネット接続された環境にあるウォレット
コールドウォレットとは・・・インターネットとは完全に切り離されたウォレット

 

コールドウォレットについて詳しく知りたい方はこちら


そしてホットウォレットで非常に利用されているのがこの「MyEtherWallet」なんです。

 

「MyEtherWallet」の素晴らしいところはイーサリアムクラシック(ETC)の暗号通貨をはじめとした、ICOでよく配布されるイーサリアム上のトークン(ERC20トークン)など、多数の通貨に対応しているという点です。

 

そのため色々な仮想通貨を1つのウォレットで管理できるので便利です。

 

また日本語にも対応しているので英語が苦手な人でも大丈夫なんです。

 

MyEtherWalletの登録方法

難しいのかなって思うかもしれません。

 

たしかに最初のうちは慣れないのでこれで合っているのかな?って不安になると思います。またトレードなどはせずに長期で保存をするという人はホットウォレットではなくてコールドウォレットに保存をしておいた方がいいでしょう。

とはいえエアドロップで仮想通貨を積極的に貰おうと思っている人は絶対に登録をしておいたほうがいいと思います。

 

まずは「MyEtherWallet」公式サイトへ進みます。

MyEtherWallet.com · Your Key to Ethereum
Free, open-source, client-side Ethereum wallet. Enabling you to interact with the blockchain easily & securely.

サイトの上部分に表示されている言語の設定を日本語に変えておきましょう。

 

強固なパスワードを入力して「お財布の作成」をクリックします。

 

パスワードはよく生年月日や自分の名前など、自分が覚えやすいパスワードをついつい使ってしまいますが、今はハッキングはかなりすごく簡単なパスワードはあっという間に破られてしまいます。

 

できるだけ長く英語、数字、記号をランダムに組み合わせるようにしましょう。

 

パスワードをどう作成すればいいか分からなければ自動生成ツールを使って活用しましょう。

パスワード生成(パスワード作成)ツール
パスワード生成(パスワード作成)するweb・ウェブ制作に役立つ便利ツール。お好みのパスワードを生成(自動作成)することができるツールです。

作成したパスワードは携帯とパソコン2つに保存をして忘れないようにしましょう。

「お財布の作成」ボタンをクリックしたら赤枠の「ダウンロードKeystoreファイル」をクリックしてダウンロードをします。

 

ウォレットを復元することが可能になるので万が一に備えて必ずダウンロードをしておきましょう。

 

ダウンロードが完了したらその下の「理解できました。続けます。」をクリックしましょう。

 

理解できましたをクリックすると自分の秘密鍵を保存すると表示されます。

 

この秘密鍵ですが、決して誰にも教えないで下さい。

 

これは金庫の暗証番号と同じようなものであり、秘密鍵を教えてしまったら誰でも簡単にアクセスできてしまいます。

 

誰にも教えてはいけません。

 

MyEtherWalletの担当者と偽って秘密鍵を教えるように要求してきたりしますが、教えてはいけません。

 

他にもフィッシングサイトや詐欺サイトなどで多く見られますが、絶対に教えない。

 

秘密鍵だけは絶対に誰にも教えない!

 

これは頭に入れておいて下さい。

 

また秘密鍵を紛失してしまったらもう取り返しがつかないと言うことも覚えておいて下さい。

 

日本人は何とかしてもらえる。結局なんとかなると思ってしまうかもしれません。

 

紛失をしたのは自分のせいなのにクレームをつけたりする人もいますが、フリでもなんでもなく本当にどうにもなりません。


必ず無くさないようにするため、メモをして残しておく。また高額な資産は預けておかないようにしましょう。

 

MyEtherWalletの作成は完了です。

 

MyEtherWalletの使い方

MyEtherWalletの基本の使い方を説明をしていきます。

MyEtherWalletのトップ画面、右上に赤枠で囲まれた「お財布情報を見る」をクリックします。▼

 

お財布情報を見るという画面に切り替わるので「どの方法でお財布を操作しますか?」の一覧の下にある秘密鍵をクリックします。

 

すると画面上に秘密鍵をペースト/タイプが表示されて警告が表示されます。

 

内容を翻訳すると「当サイトがハッキングになどによって侵害された場合は盗難されてしまう可能性が生じるためあまりこの方法オススメは出来ないよ」と書かれています。

 

ハードウォレットは基本的にハッキングされてしまう可能性はあります。

 

それを踏まえて普段トレードする分だけ保存をしておく、もしくはエアドロップなどの保管場所にだけの利用と考えましょう。

 

何度も言いますが、高額な資産はハードウォレットに預けてオフラインで管理をする事が大切です。

 

アカウント残高にイーサリアムの残高や自分のアドレスなどが表示されます。

 

他にも右下の赤枠のところにトークン残高と表示されているところをクリックすれば現在保有しているトークンを確認することが出来ます。

 

ただし、常に新しい仮想通貨が出来ているので全てが表示されると言うわけではありません。

 

その場合は自分でここに新たに表示されるようにしないといけません。

 

その場合Show All Tokensの下にある「カスタムトークンを追加」をクリックしてください。

①アドレスの入力

②トークンシンボルというのはビットコインならBTC、イーサリアムならETHといった仮想通貨の単位のようなもの

③ケタ数

3つの項目を埋めていくわけですが、そのためにこちらのサイトを活用する必要があります。

https://etherscan.io/

右枠の検索窓に追加したいコインを入力します。NANJコインといった話題の仮想通貨がエアドロップされたのでここではNANJコインを追加しています。

 

検索窓に「NANJ」と入力すると下の画面へと変わります。▼

赤枠で囲まれた「ERC20 Contract」と表示された英数字のアドレスをコピーしてカスタムトークンの①に戻りトークン契約アドレスに追加します。

※アドレスをコピーとするうまくコピーできませんのでマウスでドラッグしてコピーしましょう。

 

②はコインの通貨ですのでNANJと入力すればいいです。

 

③のゲタ数も「Token Decimals」に表示されている数字を記入すれば大丈夫です。

入力が完了したら保存するをクリックすれば表示されます。

 

最初は面倒に感じると思います。

 

しかし、一度か二度ほど追加をする事が出来ればやり方にも慣れますし、逆にこんな簡単にエアドロップされたものを手に入れることができると思ったら慣れたらむしろ簡単と感じると思います。

 

ETH/トークンを送る

トレードをする時にMyEtherWalletに預けておいたもの取引所などへ移動させる必要があるのでやり方を説明します。

 

まず最初にEther/トークンの送出をクリックします。最初のログインと同様に秘密鍵の入力が求められます。▼

 

送金するアドレスとどの通貨を送るのか選び、数量を入力して後はトランザクションを生成を押すとトランザクションの送出が表示されるのでクリックすると送金が完了します。▼

ガスリミットとは・・・送金処理を行うための手数料のようなものでガスの価格を上げれば早く処理されますが、基本はデフォルトで大丈夫です。

ガスリミットはイーサリアムが消費されます。

MyEtherWalletから送金できない理由

マイイーサウォレットから取引所に送って取引をしたいと思っているのにマイイーサウォレットから送金しようと思ってもなぜか出来なくて困ってしまっていると言う人が多いです。

 

送れない際はETH(イーサリアム)がウォレットにあるかどうかを確認してください。

 

最低でも0.001ETH、出きる事ならば0.002ETH以上は保有しているのが望ましいと言えるでしょう。

 

先ほどのGASと呼ばれる手数料をが必要です。手数料を無しで送ることは出来ませんので注意して下さい。

 

最初にある程度手数料代としていくらか預けておくことが望ましいでしょう。

 

0.002ETHは2018/4/23時点で約136円です。

 

念には念を入れて大体1,000円分、0.014ETHは入れておいたほうが色々なエアドロップを送るのに便利だと思います。

 

もちろんイーサリアムを保管する上でも使ってもいいわけですのでイーサリアムの保存場所を探している人にはマイイーサウォレットにはピッタリですし、メリットも多いですよね。

まとめ

イーサウォレットは仮想通貨を購入したりエアドロップに参加した際に絶対に登録をした置いたほうがいいウォレットです。

 

その中で最も使い勝手がいいのがMyEtherWalletです。

 

最初は不慣れなことをするので面倒と思ってしまうかもしれませんが、1つ1つ慌てずに上で紹介したやり方に従って登録をしておきましょう。

 

イーサリアムを購入する方はこちら

ビットフライヤーの公式ページへ

この記事を書いた人
針ネズミ

仮想通貨に投資したい!って思って色々なアルトコインを勉強中☆これから始めようと思っている人にも参考になってくれたら嬉しい♪

針ネズミをフォローする
仮想通貨基本情報
針ネズミをフォローする
アルトコイン情報まとめサイト~将来性抜群のコイン~

コメント